<   2018年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ジャカルタで、シャングリラに泊まる訳

会社に規定があって、全世界の各国各地域で泊まるホテルが決まっているんです。
前にも書きましたが、アメリカ系のチェーンホテルが多くて、インターコンチネンタル、ヒルトン、マリオット、シェラトンなど。
確かに高級ホテルですが、だからといってなんでもいいわけではなく例えばリッツカールトンなんかは出てこないんです。
ビジネスでの宿泊ですのである一定レベル以上、一定レベル以下ということなんでしょう。

ところがインドネシアは別扱いでリストに載っていません。自分で予約できないってことです。
インドネシアは現地法人に頼んで予約してもらいます。
そうして予約してもらったのが今泊まっているシャングリラ。
バンコクにもシャングリラはありますがそれはリストの中にはありませんでした。

ジャカルタには上に書いた会社が指定するホテルがいくつもあります。
それなのになぜシャングリラか?
シャングリラは香港資本のチェーンと言うのがその理由なんです。すなわちアメリカ系じゃないということが重要なこと。
中華系なのでイスラム過激派のテロの標的になりにくいと考えられているようです。
そして他のジャカルタの高級ホテルも同じかもしれませんが、タクシーで入ってきてもゲートで一旦止められて、トランクを開け、車の下を鏡でチェックし、おまけに爆弾探知犬と思われるシェパードが車の周りを一周するんです。
更にエントランスでは手荷物を空港と同じように検査されます。

やはり安全はお金で買うんですね。

水曜日の夕食、ルームサービスを頼みました。
だって外に出るのもいちいちタクシーを使わなくちゃいけない、それに検査もあるので面倒ですからね。
a0345791_00014386.jpeg
Nasi Goreng Komplit
要はナシゴレンにサテーなんかがついたもの。それにオレンジジュースを頼みました。
208,000インドネシアルピー、約2,000円です。
ホテルのルームサービスにしては安いけど、やっぱり高い。
a0345791_00020339.jpeg
ハイ安全をお金で買いました、買ってくれたのは会社がですが。


この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-06-30 05:12 | インドネシア ジャカルタ | Comments(2)

ANAスカイマップシステムが面白い

飛行機の中でつけっぱなしにしているスカイマップ。
ANAは787-9型機に新しい3Dスカイマップというものを導入したので、見る角度などを自分でグリグリいじることができます。
前回バンコク便で面白かったので今回は写真を撮ってきました。

この中からマップというのを選びます。
a0345791_22023614.jpeg

まだ離陸前ですが、予定飛行経路をシミュレーションすることができます。
これは角度を変えられないので下が南になってしまい変な感じですね。
a0345791_22024933.jpeg
羽田空港を上空から見た写真ですが、これでしたらGoogleマップでも見られます。
a0345791_22030055.jpeg
これは一度寝て起きた時のもの、残り飛行時間は1:27です。
もうここまでやってきました。
これは実際の飛行経路だと思われます。微妙に曲がっていますからね。
a0345791_22032575.jpeg
なるほど今この辺りを飛んでいるのかということが良くわかります。
a0345791_22040410.jpeg
操縦席からの眺めですが、これはあらかじめ入っているデータでしょう。
a0345791_22035264.jpeg
もうすぐジャカルタです。
a0345791_22041742.jpeg
着陸直前。
ただ着陸しても視点は上空からのままでした。
a0345791_22042822.jpeg
話はそれますが番外編です。
途中でANAのオリジナル番組を見ていたんです。
千葉県の名所案内の番組。
そうしたら千葉県の落花生研究所が出てきて、落花生の地下茎の様子がわかる写真が映りました。
落花生はその漢字の通りで花が咲いた後受粉した花の部分が地下に潜り込んで実ができるんですよ。
落花生の殻には土がついていた痕跡があるでしょ。
ですから千葉県が落花生の産地ですが、落花生がなっている畑を見たことがありません。その茎や葉を知らない限りどこに行っても落花生畑はどこにあるのかわからないんです。
a0345791_22031333.jpeg


















この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-06-28 04:55 | 空港と搭乗 | Comments(6)

ジャカルタ行きNH855便 機内食全て

羽田のラウンジを酷評してしまったので、美味しかった機内食を書くことにしましょう。
羽田発ジャカルタ行き、NH855便、機内食です。
6月から8月までこのメニューのようですから参考になる方がいらっしゃるかもしれません。メニューも正確に書いておきますよ。

搭乗してすぐのウェルカムドリンクは、ジュースかスパークリングワインです。
後からシャンパンを出すのにどうしてここはスパークリングワインなんでしょう。おまけにポリスチレンのカップだし。これだけは写真省略。

アミューズから始めますよ。
エゴマのチーズスティック
チキンときのこのパテ
トマトのピクルスとチーズ ハーブオイル
飲み物はシャンパンです。
a0345791_23592799.jpeg
ここから洋食をお願いしました。
アペタイザー
真鯛のマリネとビーツのサラダを茄子のマリネとともに
ポークパテと赤ワインゼリー
飲み物がカボスのなんとかに変えています。
パンはバゲットとカンパーニュ
a0345791_23593881.jpeg
メインディッシュは肉をお願いしました。
牛フィレ肉のステーキ 湯布院無量塔粒マスタードをのせて
これは美味しかったです。
欲を言えばもう少し熱いのをと思いますが、飛行機の上で鉄板を使えないのでこれが最上の出来でしょう。
先日のシンガポール航空といい、ヒレステーキは外れませんね。
a0345791_23594935.jpeg
デザートはエモーション アンヴィ (カシスの実入りコンポート、スミレ風味クレームプリーズ、スミレ風味バニラのマスカルポーネクリーム、カシスのジュレ)
もうここまでくるとメニューに書いてあることの意味がわかりません。
a0345791_23595943.jpeg
最後はコーヒーですが一寝入りしようと思って、寝酒にコニャックをつけてもらいました。
ミニュチュア瓶が出てまいりましたが。
a0345791_00001473.jpeg
起きたらジャカルタまで後1時間半。
タイミングよくCAさんがフルーツを持ってきてくれました。
このスイカが甘くて抜群。
a0345791_00002745.jpeg
今日の夕飯はどうなるかわからないから、少しお腹を膨らませておきましょう。
一風堂のコク極まる味噌 大地
これは名前倒れですね、あまり美味しくない。
バターが添えられているのがすごいです。
a0345791_00004064.jpeg
以上ハイカロリーを摂取してジャカルタに着きました。




[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-06-27 01:58 | 空港と搭乗 | Comments(2)

羽田空港国際線ANAラウンジは雰囲気が貧しい

朝から空港バスで羽田空港にやってきました。
ここのところ何回か利用したのでレイアウトもわかってきて慣れてきました。
a0345791_08471724.jpeg
スムーズに出国手続きも済み、ANAのラウンジに来ます。
ANAラウンジは今日もやはり混んでいました。
たくさんの人がお皿を持って立ってカレーの順番待ちをしています。これじゃあ大学生協の食堂だなあ。
朝なのに山ほど食べ物を持ってきてビール飲んでいる日本人は普段ご飯を食べていないんだろうか。
あちらこちらで同じ会社と思われる人たちがペコペコ頭を下げてお辞儀をしています。
ラウンジの造りも合理的にはできていますが、狭いところに人がひしめきあって座っている雰囲気は今の斜陽の日本を表現しているかのようです。
嫌だなあ。
a0345791_08470247.jpeg
すみません、私もその日本人の1人です。
文句を言うような立場ではないことは重々承知しております。はい。



この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-06-26 09:10 | 空港と搭乗 | Comments(2)

エアチャイナのエコノミー飯

昔々、学生の頃に今は亡きパンナムの飛行機で北半球一周旅行をしました。
貧乏旅行でいく先々でロクなものを食べていませんでしたから、パンナムの飛行機の中の機内食が唯一ちゃんとしたご飯で嬉しかったことを覚えています。
必ず塩と胡椒の袋が付いていて、それも珍しくいつも持ち帰っていました。
その頃は機内食が不味いなんて言う人はなんて贅沢なんだろうと思っていました。

もうそれは昔のこと。
エコノミーの食事が不味いというつもりはありませんが、航空会社と路線によってですね。
不遜なことを申し上げると最近はANAのビジネスでさえも当たり外れを感じます。

一昨日のチャイナエアライン、成田ー浦東エコノミークラスの昼食。
チキンを選んだら、あんかけうどんでした。
これを逃すと夕食まで食事をする機会がないと思って8割ぐらい食べました。
a0345791_18392041.jpeg
口直しに、付いてきた塩と胡椒を舐めていたら辛かったあ。


この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-06-23 18:40 | 空港と搭乗 | Comments(2)

上海滞在29時間

上海に29時間滞在して戻ってきました。
写真もほとんど撮らなかったし、何しろ現金を一元も使いませんでした。
a0345791_23525718.jpeg
来週はジャカルタ。
行ったことがないインドネシアだから、同じ出張でも上海よりまだマシです。

この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-06-22 23:59 | 空港と搭乗 | Comments(4)

エアポート投稿おじさん

エアポート投稿おじさんまた現る。
a0345791_08065807.jpeg
今朝はこれから上海。
ANAが満席だそうで今日はエアチャイナ。
スーパーフライヤーズのお情けでラウンジに入れてもらいます。
a0345791_08074087.jpeg
お酒の飲める人だったらお情けの感謝の度合いも大きいでしょうけど。
a0345791_08072790.jpeg
お酒を飲まない人にとってはただの飾りです。
a0345791_08075499.jpeg
行ってきます。

この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-06-21 08:13 | 空港と搭乗 | Comments(0)

図書館の猫はお尻を舐める

なんのことだかわからないタイトルですが。

ワットパクナムのお宝とエメラルド(色をした)塔を見終わりました。
外に出て他に見るものはないかと歩き回ります。
a0345791_09024267.jpg
ここもワットパクナムの一部です。
たくさんの人が集まって読経の声が聞こえます。
a0345791_09023834.jpg
写真右側の花輪がわかりますでしょうか。
昔は日本でも葬式といえば大きな花輪が外に出ていましたね。
それの携帯版のようなもの。
どうやらお葬式か法事のようです。
a0345791_09024462.jpg
これでおしまいかと思って案内の日本語パンフレットを見ると、お寺の敷地の中には図書館もあるようです。
パンフレットには図書館には猫もいるので是非寄ってくださいと。
図書館と猫とは奇妙な組み合わせですが、寄ってみましょう。

お尻を舐めている猫。
a0345791_09024827.jpg
お前、見たなー、と言っています。

ハイ、失礼しました。
a0345791_09025105.jpg
今日は大阪に日帰りの予定でしたが、会社から1週間の大阪出張禁止指示が出てキャンセル。
大丈夫でしょうけど余震の可能性があるようですから。
おかげで海外出張準備の余裕ができました。
明後日から上海、そして帰って来てからすぐにジャカルタです。





この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-06-19 17:31 | バンコク | Comments(2)

エメラルド色の天空

ワットパクナムのバンコク本店ですよ。
日本支店では日本在住のタイ人の皆さんがタンブンで毎日のようにボランティアをしていますが、本店はたいそうお金持ちのようです。
a0345791_08595440.jpg
これです、巷で大変評判がいい天井画。
緑のガラスの塔の上には緑の宇宙があります。
a0345791_09000100.jpg
この写真はWeb上でたくさん掲示されているので、自分で撮った写真の中からなるべく実際に目で見た色合いに近いものを選びました。
a0345791_09000427.jpg
周りを取り囲む仏様の写真も撮ってと。
a0345791_09000732.jpg
やはりこのお寺、王家と関係があるのでしょうかね。
中心はやはりラーマ9世、プーミポン・アドゥンヤデートภูมิพลอดุลยเดช国王です。
a0345791_09001114.jpg
前国王はキヤノンの一眼レフを愛用されていたとのことです。
a0345791_09001665.jpg
この話を聞くと申し訳なかったなと思います。

  • 日本でコメ不足になった1993年米騒動でタイ国民は、自分達の米を日本に寄贈し、タイ国内でのコメの価格がかなり高騰した。それなのに日本人がインディカ米を「まずい」と言って大量に捨てていたことがわかり、対日感情が悪化した。その時 プミポン国王は「今回は私たちが助ける番でしたが、私たちに何かあったら助けてくれるのは日本です。だから今回は許しましょう」と言われて、タイ国民の感情を抑えた。
a0345791_09011303.jpg





この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-06-18 18:09 | バンコク | Comments(2)

ワットパクナム本院に行く

バーンシラピンからタクシーでやってきたのはここ。
ワットパクナムです。
それなりに有名なようでタクシーの運転手は細い路地を走りながらも一発で到着してくれました。
a0345791_08583283.jpg
平日なこともあってか観光客はほとんどいません。
数組の観光客はみんな日本人です。
成田にあるワットパクナム日本別院が日本で有名だとはとても思えませんが。

中に入ってみるとお寺というよりも宝物殿のようです。
a0345791_08583635.jpg
誰のお宝だったのでしょうか。
あまりお寺にはふさわしくないような感じもしますが。
a0345791_08584286.jpg
この高級クラシックカーが展示してあるところを見ると、王家の関係のお寺なんでしょうか。
a0345791_08584516.jpg
一階二階のお宝ゾーンはそれほど見るべきものはないですね。
ここのお宝を2つ3つ売って、日本別院ができたのかもしれません。
a0345791_08584820.jpg
先週のイベントは長野と大久保。
大久保のネパール料理屋でネパール人の皆さんに混ざってひっそりと縮小版ヤムの会がありました。
trinさんがお土産に持ってきてくれた一本堂の食パン。
翌朝の5時に食べました。美味しい食パンは一枚の重さが重いんですね。
兼好法師が徒然草に書いています。

よき友、三つあり。一つには、物くるる友。二つには医師。三つには、知恵ある友。


trinさんはよき友だ!
a0345791_09205068.jpg

この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-06-17 18:52 | バンコク | Comments(2)