<   2018年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ホットきたない茶、黒糖きたない茶

中国人の友人に案内してもらったのはここ、新天地です。
以前人民広場に「新天地」という看板があったけど、ここが本当の新天地。
古い建物も残っていますが大阪の新天地とは違いファッショナブルな街です。
a0345791_20500622.jpg
古い建物は保存しているのでしょうけど、それは実際に使用されている建物。
a0345791_20474245.jpg
路地を一歩入ると、昔ながらの生活をしている人々の住まいも残っています。
この路地は一般の観光客などが入ってくることは少ないようで、白シャツ一枚のおじさんがタバコを吸っていたりしていました。
こういうところに来たかったんですよ。
a0345791_20400300.jpg
香港もそうですけど、物干し竿が道の上にあることに生活感を感じますね。
a0345791_20400022.jpg
大通りに戻ると、なにやら行列が。
ネットの口コミで一躍有名店になったんだそうです。
a0345791_20395664.jpg
お茶屋さん。
といっても昔からの中国茶ではなくてカップに入れたお茶、それもお茶ラテだとかクリームの入った甘いお茶のようなものを売っているようです。
行列ができていて買うのに30分ほどかかりそう。
ネーミングは日本語。
全部書き出してみましょう。

茶魂
カナダ ファームからの小麦
ニュージーランドからのチーズ
ホットきたない茶
黒糖きたない茶
賍賍茶(実際は月偏に庄屋の庄、IMEpadで手書き入力しようとしましたが該当する漢字は見つかりませんでした)
の本舗
「パイオニア」
手作天然黒丸
売れれば何でもいいんでしょうけど、日本人からすると頭が痛くなってしまうようなコピーとネーミングです。
a0345791_20395324.jpg
下の写真の右側のおばさん、この店の紙バックをいくつもぶら下げて店の前を行ったり来たりしています。
友人に何をしているのかと聞くと。この店で売っている飲み物をマージンを乗せて売っているのだそうです。

すなわち、このおばさんから買えば並ばなくてもすぐに買えるということ。
並んでいる人の後ろに看板が立っていますが、この看板に「このあたりで店の商品を売っている人がいますが違法なことです、公安に連絡します」と書いてあるんだそうです。
その看板を前にして堂々と
売るおばさん。

経営的に考えれば、このおばさんは待つという時間を売っているということになり合理的ではあるのですが、まさに中国共産党指導によってもたらされた庶民の資本主義的発想。
a0345791_20410400.jpg
これはほんの些細な一例ですが、中国の経済活動は圧倒的資本主義ですよ。
利益を生むものには徹底的に目ざとい。

徹底した平等社会主義国家の日本は、うかうかしていると中国共産党下資本主義体制にやられてしまうのではないかと心配です。



この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-04-30 18:14 | 中国 上海 | Comments(2)

上海で背部の経路を調理された

上海のホテルでくつろいでいると、中国人の友人からウィチャットで連絡が来ました。
「スクムビットさん、どこにいますか?どこか行きたいところがあればつきあいますよ」
予期していませんでしたが持つべきものは友達です、ということで一緒に食事をしました。
食事が終わり、次はどこに行きましょうかと聞かれます。

実は前回のブログにいただいたコメントの「しかしこれで200元、中国も高くなりましたね」の一言が気になっていたんです。
果たしてローカルのマッサージはいくらぐらい何だろうって。
そこでローカルのマッサージ屋に連れて行ってくれと頼んだところ着いたのがココ。
場所はチーバオ(七に宝と書きます)というところです。
a0345791_20404814.jpg
中国人の友人が店に入り私のことを日本人だと言ったようで、客が私の一挙手一投足を見ているようです。
でも中国人の友人と一緒ですから大丈夫。
夜九時だというのに混んでますね。
a0345791_20405260.jpg
さてこれが値段表です。
私たちはEのコースの120元ですが、足マッサージだけだと50元ぐらいです。
これが現地の人たちの相場なんでしょう。
中蒟足浴+背部経路調理というのは足マッサージと背中マッサージのことらしいです。

a0345791_20394346.jpg
背中マッサージが終わり、今度は足マッサージ。
するとこのお姉さんが「かかとを削るのはいかがですか?」と聞いてきます。
もちろんすべて中国語ですから友人に通訳してもらってわかりました。
40元だそうです。そして使い捨てのカミソリを使うと更に10元。
前回足の爪切りをしてもらったばかりですが、経験したことがないかかと削りですよ、やってもらいますとも。
また公然と私の汚い足を出してお見苦しいことを失礼いたします。
汚いのでお見せできませんが皮がぼろぼろと削れました。
a0345791_20523265.jpg
背中マッサージにはガラスの器で皮膚を引っ張るカッピングが込みでしたが、以前これをやって数日跡が消えなかった記憶があるので私はカッピングをスキップしてもらいました。
私の横でカッピングをやってもらった友人はこのとおり。
患部だけ赤くなって、これをやると症状が良くなると言われていますが、私はただ単純に内出血しているだけなんだと思いますよ。

a0345791_20392024.jpg
私はカッピングをしてもらいませんでしたが、おそらくカッサというもので背中をこすられたんだと思います。
マッサージが終わった後ホテルで自分の背中を見るとひっかかれたように真っ赤になっています。
日本に帰った日は体中痛くて痛くて。
翌日になったら良くなりましたが、本当に効いたんだろうか?







この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-04-29 21:49 | 中国 上海 | Comments(2)

足爪切りと足パック

上海の地下鉄中山公園駅の近くにあるマッサージ屋 蝶。
左側の入り口ですが金で書かれた字が達筆すぎて蝶という漢字が読めません。
簡体中国語というおバカな漢字を習っている今の中国人は読めるんでしょうかね。
a0345791_14384063.jpeg
昨年、中国のローカルな爪切り屋で綺麗に足の爪を切ってもらってから、もう一度爪を切ってもらいたいと思ってここしばらく足の爪切りをしないで今回の中国出張に臨んだんです。
ところがマッサージ屋のメニューには爪切りということが書いてありません。やむなく普通の足マッサージをしてもらっていると、マッサージ師のお姉さんから声がかかりました。
「爪を切りましょうか?」
待ってましたとばかりyesというと、とりあえず言ってみたという感じのお姉さんの方が少し驚いて、余分に40元かかりますよ、いいですかと言います。
約800円です。やってもらいますとも。

てっきりこのお姉さんが切ってくれるのかと思っていたんです。
そうしたら後からヘッドライトを点けたおじさんがやってきました。
ほほう、この方が爪切り職人か。写真を撮ろうとすると隠れてしまいましたがマッサージのお姉さんはマッサージを続けていて2人に足をいぢられている状態です。
前回もそうでしたが、中国の爪切り職人は彫刻刀のようなナイフで爪を切ります。
初めての時は怖かったんです。だけど本当にプロの技、自分で爪切りを使って切ってもこれほどきちっと切ることはできません。

観光の一つとして一度やってもらうことをお勧めしますよ。
なおこれはタイでもやってもらえます。
a0345791_14385786.jpeg
さて爪切りも足マッサージも終わり、お姉さんが一度部屋から出て行きました。
今日のマッサージはなかなか良かったなあと思っているとお姉さんが、何か持ってきて私の足に塗り始めました。茶色い粘土のようなものです。
なんだ、なんだこれは?メニューに書いてあったんだろうか、それともこの店のオリジナルの施術か?

どうもこれは石膏のようです。
面白い!
ドロドロの石膏がだんだん発熱しながら固まってきます。
そうです骨折したときのギプスと同じなんじゃないでしょうか。
耐えられる範囲だけど熱くて足がジンジンしてきます。
ほぼ固まり終えると、お姉さんが手で壊してから足を洗ってくれました。
これは初めての経験でしたね。
a0345791_14390671.jpeg
終わってからも足がジンジンしていい気持ち。
面白いマッサージを体験できました。
私が最初に頼んだメニューは一番左上でしたが、どこでどうなったのか足マッサージと左下のフットマスクというものと爪切りのコンビネーションになったようです。
お値段は全てで200元ちょっとでした。行き違いがありましたがおかしくないお値段。
ありがとうございました。
a0345791_14391767.jpeg

この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-04-24 14:38 | 中国 上海 | Comments(4)

メイソウとユビソオはユニクロのチェーン店か?

ヒョウちゃんがクアラルンプールでケーブルを買ったというユビソオ。
上海でこの店を見たときには、ああアレだって思ったんです。
ところが改めて見るとこれはメイソウ。
ロゴもそっくり、おまけに堂々と本家ユニクロの隣にあるんです。

中国の人口は日本の10倍以上だから、パクリ方も10倍以上あるんですね。
a0345791_14191536.jpeg
もはや中国ではたくさんあるのかもしれませんがこのお店は上海の中山公園にありました。

おまけの写真
塩ドッチリ アプリコット。

大量の汗をかいたときだけにした方がよさそうですね。
a0345791_14261387.jpeg

この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-04-23 14:35 | 中国 上海 | Comments(2)

羽田空港国際線のラウンジは難民収容所状態

もう子供の日がすぐですね。
羽田空港国際線ターミナルに鯉のぼりが泳いでいますよ。
今朝は日曜日なのに早起きして羽田空港に来ました。
上海に行くんです。
a0345791_09053270.jpeg
ところで子供の日といえば、連休、連休明けといえばタイフェスティバルです。
今年は公式ポスターが無いようなのでこれを貼り付けておきますね。
a0345791_09090377.jpeg
ヤムの会の総会(ただし決議事項は何も無し)は12日の方ですよ。


連休前の日曜日の朝ですから羽田空港国際線は空いていると思ったんです。
しかし、手荷物チェックに30分くらい、免税店でタバコを買うのに15分ぐらい並びました。
ANAのラウンジも多くの人がカレーや飲み物を求めてぐっちゃぐちゃ。
優雅なラウンジが、難民キャンプ状態です。
a0345791_09055396.jpeg
まあ、エコノミークラスに乗るのに、スタアラゴールドの資格で入ってくる私のようなマイレージ乞食がいるから混雑するんですが。もともと全てにおいてキャパが足りないんでしょうね、羽田空港国際線ターミナル。
いったいこれで5月連休の時はどうなってしまうんでしょうか。

実は私、上海には10回以上来てると思いますが、虹橋空港(ホンチャオ)は初めて使うんです。市街地の近さでいうと羽田空港は虹橋空港に相当し、成田空港は浦東(プードン)に相当します。ですから多くの人は都心に近い羽田と虹橋の方が便利です。これによって需給バランスから羽田空港、虹橋空港を使う便の方が料金が高いんです。
ですから今の会社だから虹橋に来られたというわけで。

やはりANAは近距離エコノミーでも食事が出ますね。カレー!お手軽で美味しくていいじゃないですか。中国東方航空、中国南方航空、中国国際航空は食事が出ないのかって?
a0345791_14463317.jpeg
確かに食物は出ます。ただ食べることができるというものですけどね。

さて無事に上海のホテルに着きました。
今日から1週間この部屋に滞在です。
a0345791_14464852.jpeg


この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-04-22 15:07 | 空港と搭乗 | Comments(4)

みんな笑顔をありがとう

果物問屋で働く人々
顔はインド人の顔つきですが、インド人とは違って穏やかなんです。
a0345791_22341544.jpg
黙ってギョロッと瞬きもしないで睨むインド人とは全く違う穏やかな笑顔。
a0345791_22341845.jpg
なぜインド人は睨むのか。決して悪気があるとは思えないからなおさら不思議です。
a0345791_22345944.jpg
先日電車の中で赤ちゃんを抱いたお母さんがいて気がつきました。
その赤ちゃん、私の方を無表情にじっと見るんです。
時々お母さんの顔を見てまたこっちをじっと見る。
目の前のお母さん以外の何かが近くにいる。何だろう?でもなく、ただ私がそこにいることだけを認識している。
そう、睨むインド人はこれと同じことじゃないかと。
すなわち「何も考えていない!」

コロンボのおじさんたちは私を認識した上で、頭の中で何か考え反応してくれました。
a0345791_22351096.jpg
ところで、今年もやってきますよ代々木公園のタイフェスティバル。
今年は連休明けの5月12日13日。
毎年kimcafeさんの朝早くからの場所取りのおかげで楽をさせてもらっています。
また家からタイのビールを持って行きますよ。

ヤムの会の宴席は12日、詳しい場所などはいずれkimcafeさんの告知が出るはずです。
a0345791_21341872.jpeg
私はよく知りませんがこの子達、日本人のように見えるけどタイ人なんだろうか?


この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-04-21 11:44 | スリランカ コロンボ | Comments(0)

皆から慕われているおじいさん

コロンボ駅前のペター地区
奥にどんどん歩いていくと果物の卸売りと思われるお店が集まっている場所がありました。
こういうところは写真が撮りやすいんです。
小売のお店の前に立てば私が客の立場ですから、お店の人にとってみると、客だと思ったのになんだ買うつもりがないのかと失望させてしまう。
しかし卸売ですと、もともと私が買う可能性がないのは明らかですから無視してもいいし、暇だったらからかってみてもいいというわけ。
a0345791_22314765.jpg
このお兄さん、少し手が空いていたようで私の相手をしてくれます。
いい男に撮ってくれよって。
a0345791_22315149.jpg
お兄さんを何枚か撮っていると、それを見ていた周りの人が皆このおじいさんに撮ってもらえよと言っているようです。
おじいさんを撮ろうとすると、周りの人たちが喜んでいます。
このお店の長老でしょうか。
少しはにかみながらじっとカメラに向かってくれました。
a0345791_22323769.jpg
何枚か撮って撮った写真を見せたらおじいさんも満足そうでした。
a0345791_22322828.jpg
こいう時にその場で印刷できるプリンターがあって、撮った写真を渡せるといいなと思います。そういう小型のプリンターがあるのは知っていますが、カメラと同じくらいの重さがあるし、いつこういう機会が訪れるかわからないので決心できません。







この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-04-20 07:33 | スリランカ コロンボ | Comments(0)

レッドモスクよりもレモンジュース

東京 晴海の丸正運輸のトラック。
ウェブを見ると4トン車2台と2トン車9台の運送会社。家電製品などを扱っているようです。
もちろんここは東京ではなくてコロンボ。
現在営業中の2トン車はパワーゲート車のようですから、この幌付き2トン車は日本での仕事やり終え引退してコロンボにやってきたのでしょう。
a0345791_22283706.jpg
コロンボ駅前のペター地区。
大きな市場です。
ピンクの色が目立つレッドモスク。
a0345791_22290795.jpg
入って見たいのですが、敬虔な宗教施設に異教徒(と言っても宗教はないけど)が入るのは失礼だと思い遠慮しておきました。
a0345791_22291082.jpg
暑い市場の中なので喉が渇きます。
これはレモンジュースかな。
お腹を壊すと面倒なので普段はこういう冷たいものは買わないんですが、つい手が伸びてしまいました。
a0345791_22292015.jpg
愛想笑いもないレモンジュース屋のおじさん。
まあ、次から次へと手が伸びてきて、ジュースを作りお金のやり取りをしているので私なんぞを相手にしている暇はないのでしょう。
a0345791_22291853.jpg


今朝は新幹線に乗って京都に向かっています。
新幹線の車窓から茶畑が見えます。
スリランカの茶畑と比べるとまるで庭園のようです。
この辺り私の故郷の近くで雲がなければここから富士山が見えるのですが。
そういえば子供の時の連休の頃は新茶が飲めたり、掘ってきた筍を食べて初夏を感じたことがありました。
a0345791_10073245.jpeg
京都の仕事は3時には終わるでしょうから、久しぶりに少し京都見物して帰ろうかな。


この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-04-19 10:14 | スリランカ コロンボ | Comments(2)

マウントラヴィニアからコロンボへ

マウントラヴィニアからコロンボへ列車で移動します。
ドアのないところに立つ青年。
a0345791_20440330.jpg
エアコンいらずの開放的な車内。
窓からは潮風が入ってきます。
a0345791_20440701.jpg

a0345791_20441083.jpg
再びコロンボに到着しました。
a0345791_20442273.jpg





この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-04-12 20:47 | スリランカ コロンボ | Comments(0)

赤い麦わら帽子とワンピース

マウントラヴィニア駅でコロンボ行きの列車を待ちます。
a0345791_17574420.jpg
下り電車がやってきました。
たくさんの人が一斉にスマホやカメラを向けます。
a0345791_17574850.jpg
何を撮ってるかというと、ドアが開けっぱなしの、というかドアのない列車の写真を撮っているんです。
a0345791_17575253.jpg
撮っているのは私と大陸から来たと思われる団体の観光客の皆さん。
a0345791_17575599.jpg
だってもう中国の都会にはドアのない列車なんて無いんですから珍しい珍しい。
こりゃ故郷に帰って近所のみんなに見せなきゃね。
a0345791_17575957.jpg
赤いワンピースに赤い麦わら帽子、それにサングラス。
きっと近所の洋品店に行って旅行に行くためのお洋服を見立ててもらったのでしょう。
よくお似合いです。
a0345791_17580288.jpg
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX




昨日は強風でしたが、今日は穏やかな快晴。
ちょっとこだまに乗って日帰り旅行です。
まだこだまには喫煙者がありました。
こだまですからほとんど人が乗っていません。
座席でタバコ吸うなんて久しぶり、タバコを吸わない人にも迷惑かけないしやっぱりいいね。
日本で喫煙車がなくなるのもあと数年のことでしょう。
時代が変わってきてだんだん自分が置き去りにされていくな。
a0345791_12431949.jpeg







この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-04-08 12:49 | スリランカ コロンボ | Comments(6)