カテゴリ:日本( 91 )

鰻を食べて源兵衛川に入る

三島駅を出ると、お神輿の出発式のような儀式が。
a0345791_14560309.jpeg
昨日の日本各地が高温だというニュースの中にもひときわ三島の温度が高いという話がありました。
おそらく今日はもっと高いはず。
暑い中ご苦労様です。
a0345791_14553956.jpeg
お神輿より鰻、ウナギ。
暑い中歩けないので、三島駅から一番近い、不二美へ。
a0345791_14541847.jpeg
松竹梅なんてしゃらくさいこと言わないで鰻重と鰻丼だけというメニューが潔い。
a0345791_14543553.jpeg
ご馳走様でした。
さて腹ごなしに、少し三島駅周辺を散歩して見ましょう。
あまり有名では無いんですが、三島駅からすぐの源兵衛川はすごいんです。
川の中に置き石などがあって川に沿って歩けるようになっています。
a0345791_15131161.jpeg
名水百選だけあって富士山の伏流水の水は冷たくて清らか。
a0345791_14550601.jpeg
もし遊んでいる子供が川の中で転んでも。ずっと浅い川だから安心です。
a0345791_14552220.jpeg
ここで夕涼みに来て川で冷やしたビール飲んだら最高ですね。
a0345791_14562867.jpeg
最近のニュースでウォルマートが西友を売却するとのニュースが出ていました。
既にカルフールも日本から撤退し、日本の流通の仕組みにはついていけなかったとか言われていますが、大きな視点から見たらそんなことではないと思います。
日本の特殊な慣習環境という問題はありますが、もう世界の資本はそのめんどくさいことを乗り越えて日本の市場で頑張るという判断をやめたんです。
その売却したお金を中国やインドやアジアの新興国に回して同じ努力をすればもっと大きなリターンが得られる。
同じお金をかけ努力をするならば日本以外でやったほうが効率がいいのです。





この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-07-15 15:19 | 日本 | Comments(0)

”JAそお”のパッションフルーツは見事

昨日家の近くのスーパーでパッションフルーツが安売りされていたんです。
酸っぱいだけと言われるかもしれませんが、これが立派な国産パッションフルーツなんです。
鹿児島のJAそお、というところが作ったもの。
調べてみると鹿児島に曽於市というところがあってその周辺の農協のようです。
こんな丸々として光っているパッションフルーツは東南アジアでも見たことがありません。
外からでも香りがしてきますよ!
a0345791_20104604.jpeg
これが5個で500円です。
さすが日本人が作ると見事な出来栄えになりますね。
きっと丹精込めて作ってくれたのでしょう。
早速いただきます。
おお、表現は悪いけど中はカエルの卵のようにふっくらとゼリー状の果実が丸くタネを取り囲んでいます。
a0345791_20105664.jpeg
いつものようにバリバリとタネを噛み砕き。
香りと酸味と甘さが調和しています。
いやー見事なパッションフルーツでした。

この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-07-11 05:17 | 日本 | Comments(0)

心にもないお詫びはしなくていいよ、ANA

6月中旬から始まった海外国内巡業シリーズが終わりました。
長野、上海、ジャカルタで最後は博多に3泊でフィナーレ。
夜の空港バスで帰宅です。
a0345791_21043770.jpeg
福岡から羽田のANAの国内線に乗っていて奇異に思ったことがあります。
福岡の空港での離陸飛行機が混雑していて5分ほどの待機時間があったので、「お急ぎのところ申し訳ございません」
機内で使用できるはずのWifiが一部の席で使えなくて「申し訳ございません」
羽田の着陸待ち航空機の混雑のため着陸時間が遅れて「申し訳ございません」
apologizeの連発です。

ホテルから見た明け方の博多湾
a0345791_21034079.jpeg
上海で出発が1時間以上遅れて機内で缶詰になっているのに何も説明しない中国の航空会社もどうかと思いますが、謝りすぎのANAもおかしい。
Wifiのことは大したことじゃないけどまだいいでしょう。きっと次回は整備されるでしょう。
しかし空港の混雑のことで謝るというのは、ANAが自分で空港の拡張をできるっていうのでしょうか。あるいは混雑を減らすために自ら便数を減らすつもりですか?
解決策がないのにただ口先だけで誤っているとしか考えられません。

最近の日本は謝りすぎの社会になっているような気がします。
わかるんですその背景は。
謝らないとなぜ謝らないのかと文句を言う客がいるからですよね。

ある時期に「お客様は神様です」と言われるようになって、思い上がったお客が増えてしまったんでしょうね。唾棄すべき人たちです。

だけど一部の思い上がった客と、その対応のために誠意のないマニュアルのようなお詫びを連発する航空会社。
このいやらしい構図の間に立つ多くの人たちの不愉快さもわかって欲しいと思います。

「皆さま、ただ今福岡空港が夕方の出発の集中により離陸が順番待ちとなっております。すでに着陸許可のリストには入っておりますので、しばらくお待ちください」
と教えてくれれば十分です。ここで謝る必要なんてありません。

昼間の博多湾。
a0345791_21035830.jpeg

この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-07-05 21:02 | 日本 | Comments(6)

フェス・フェス・フェス・東京のフェスティバル

タイフェスティバルだけでなくて、東京ではこんなにフェスティバルをやっているんです。
コレがすべてではありませんが、備忘録として記録しておきましょう。
5月以前のものは既に終わっていますが、来年の予定はまだほとんど出ていないようです。
きっと同じ時期にやるはずですね。
a0345791_10504766.jpg

日にち 場所 フェスティバル
2018 3月 17,18 代々木 アイラブアイルランドフェスティバル
2018 5月 3,4 代々木 カンボジアフェスティバル
2018 5月 4,5 練馬光が丘公園 ハワリンバヤル(モンゴル春祭り)
2018 5月 12,13 代々木 タイフェスティバル
2018 5月 12,13 お台場 シンコデマヨ(北中南米フェス)
2018 5月 19,20 代々木 ベトナムフェスティバル
2018 5月 26,27 代々木 ラオスフェスティバル

a0345791_10513873.png

日にち 場所 フェスティバル
2018 6月 1,2,3 恵比寿ガーデンプレイス アロハ・トーキョー2018
2018 6月 14,15,16,17 上野公園 フィリピンエキスポ
2018 6月 21,22,23,24 上野公園 台湾フェスティバル
2018 6月 23,24 代々木 第5回 カリブ・中南米フェスティバル2018
2018 7月 21,22 代々木 アフリカフェスティバル2018
2018 8月 4,5 代々木 スリランカフェスティバル
2018 8月 11,12 代々木 第6回タイフェア in 東京2018
a0345791_10512287.png

日にち 場所 フェスティバル
2018 9月 8,9 代々木 アフリカ・アメリカン・カリブフェスタ2018
2018 9月 8,9 代々木 チャイナフェスティバル
2018 9月 8,9 日比谷公園 フィリピンフェスティバル
2018 9月 22,23 日比谷公園 日韓交流おまつり
2018 9月 22,23 上野公園 日本台湾祭り
2018 9月 29,30 代々木 ナマステ・インディア
2018 10月 20,21 代々木 日本インドネシア市民友好フェスティバル 2018
2018 11月 17,18 代々木 スペインフェスティバル
2019 5月 25,26 代々木 ラオスフェスティバル

この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-06-03 05:55 | 日本 | Comments(2)

タイフェスティバルでヤムの会

タイフェスティバル東京2018始まりました。
kimcafeさんがまた朝早くから場所取りをしてくださり、広々としたいい場所で朝からビールで乾杯。
a0345791_14161053.jpeg
そのうちひょうちゃんもやっていて、私は会場を少し散策に。

大使館のオフィシャルの出店でしょうか。
藍染めの実演をしています。
a0345791_07101962.jpeg
この方、大使館の方でしょうか。
タイの正装(おそらく)をされ、胸にはタイのバッチをつけていますね。
会場には青い外交官ナンバーをつけたベンツが停まっていましたのでそれで来られた方か。
a0345791_07113399.jpeg
タイでよく見るたこ焼き器を使ったお菓子。
お姉さんと一緒、私たちもWe also love Thailandですよ。
a0345791_07120313.jpeg
かと思ったら、お菓子ではなくてお好み焼きの具をたこ焼き器で焼いているような感じがします。
a0345791_07122063.jpeg
今年はカルチャー的な出店が少なくなったような気がします。あの高い出店料ではなかなかペイできないのではないでしょうか。
実際フルーツカービングはココしか見当たりませんでした。
a0345791_07124453.jpeg

a0345791_07130083.jpeg
今年シンガポールに行ったときにシンガポール人にこき下ろされたタイのドリアン。
ここではドリアンを飾ってあるだけでしたが、終了後は関係者で食べるんでしょうね。
a0345791_07132552.jpeg
安さだけが売りのメコンですが、日本ではメジャーな存在になってきたのでしょうか。
堂々と飾ってあります。

a0345791_07133948.jpeg
代々木のタイフェスでは初めて見ました、タイマッサージ。
在日タイマッサージ協会と書かれていますね。
ぜひ日本のタイマッサージのレベルを上げていく運動をしていただきたいものです。
a0345791_07140840.jpeg
衆人環視の中でマッサージを受けている人たちで大混雑ですが、15分で1000円のようです。
チケットを買った人たちが待っています。
a0345791_07142358.jpeg
背が高い美しいお方。
写真を撮ってお礼を言ってこの場所から歩いて戻ろうとすると、後ろから野太い声で話しているのが聞こえました。
あれ?誰の声だったんだろう。

a0345791_07145362.jpeg
この日良い天気で毎年のように食べ物屋さんは大混雑。
ただこの天気の割にはお客さんが少ないような気がしました。
例年の人が歩けないような大混雑、それに缶ビールが500円、小さな器に入った食べ物もほとんどが500円。
そして私たちのように席を確保していない方は、立って食べなくてはいけないほど。
それでちょっと人気が落ちたのかもしれません。
a0345791_07151405.jpeg
大使館に支払う出店料が高いのは知っていますが、あまり商売っ気ばかり出すと人気が落ちますよ。
せめて缶ビールは400円にしないとね。
来年からは出店料を下げるべきでしょう、更にカルチャー系には出店料無しで補助金を出してもいいぐらい。

毎年NHK側の入り口に展示されているTUKTUKの今年の値段は1,280,000円也。
この方だって数台売れなければペイしないはずです。
a0345791_07153325.jpeg
さて、そろそろ今晩の夜行便で行く準備をしましょうか。
明日の今頃はバンコクでタイマッサージ屋さんの薄暗い部屋の中でマッサージを受けているかな。





この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-05-13 12:29 | 日本 | Comments(6)

今日は代々木のタイフェスティバル

今日は代々木のタイフェスティバル
今日と明日の開催ですが、今日は絶好のタイフェス日和。
暑くなるそうですよ。ビアシンが美味い、チャーンも美味い。ビアレオはあるかな?
明日は天気が崩れるらしいので行くなら今日!
a0345791_06093205.jpeg
ということで今日は例年以上の混雑が予想されます。
誰が来るのかわからない、いつから始まるのかわからない、ゆる〜いヤムの会の宴席も会場のどこかでやっています。
コメント欄に何か書いていただければご案内します。
a0345791_06095122.jpeg
今日のこのイベントが終われば、明日の夜の便で本物のバンコクです。
毎度のがんじがらめの出張ですし今回はシンガポールの社員と同行ですから、どれだけアレしたりコレしたりできることやら。

この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-05-12 06:31 | 日本 | Comments(4)

崎陽軒のシウマイ弁当讃歌

もう一つ脱線話。

宇都宮から東京経由で新大阪に向かっています。
もう夜遅くなってしまったのでやむを得ず今日の夕ご飯はシウマイ弁当です。

もう何回も書いていますがシウマイ弁当は偉い。
潔いシウマイ弁当というシンプルなネーミング。
冷めてもご飯が美味しい。きっとこのご飯はもち米を少し混ぜているんじゃないかな。
まあ私の舌は当てにならないけど。
だけどお米も厳選していますよ。単純にどこどこ産のコシヒカリというような安易な選択ではなくて、その時そのときの季節によってブレンドを変えたりしているに違いありません。
一番脇役の左上の紅生姜と昆布の佃煮だって、スペースが余ったからと言って適当に添えられているのでは無い。オーケストラのシンバルみたいなパンチの効いた役割があるんです。
a0345791_20415782.jpeg
まるでオーケストラのシンフォニーのようなシウマイ弁当。全ての具の一つでも欠けるとシウマイ弁当という交響曲は成り立たないんです。

崎陽軒は常にこのお弁当の味が変わらないように細心の注意を払っているんではないでしょうか。そのためには実は目に見えない多くの変化をしているはず。
その誠意を感じるんです。

800円というお値段は、最近の駅弁の中では相対的に安いけど、それでもコンビニ弁当や名古屋のオフィス街のお弁当よりははるかに高い。
だけどそこには私にとって明確に払ってよいという価値があります。

気がついていますよね、今日はなんと豪勢なことにシウマイ弁当の横に特製シウマイ6個入りが鎮座しています。
ご存知のように特製シウマイにはシウマイ弁当にはついていないひょうちゃんが付いているのです。
a0345791_20511312.jpeg
今日のひょうちゃんの柄は瓢箪の徳利に盃。
この焼き物だってどこかの窯元が長年のおつきあいの崎陽軒のために、誠意を込めて焼いているはず。
焼き物なのにこのゴム栓が緩くもなくきつくもなくというのは大変な技術ですよ。
きっと仕上がってからゴム栓抜き差しテストマシンがあって、全数検査しているはずです。だってひょうちゃんの栓が緩んで醤油が漏れて大事な商談に行く新幹線の中のビジネスマンのワイシャツにかかったら崎陽軒の名折れですからね。

崎陽軒の地味なシウマイ弁当の横にはネーミングが派手で、見た目美味しそうな駅弁が並んでいました。
ディズニーランド帰りの女の子たちは買いそうにないシウマイ弁当。
だけどね、その女の子たちも歳をとるにつれ本物が何かわかってくるはずです。



国内のちゃんとしたホテルに泊まったら朝ごはんは和食に限ります。
ブッフェは混んでいたけどガイコクジンはココには誰も来ませんよ、静かで快適。
なんといっても炊きたてのご飯が美味しいです。関西だから味噌は白味噌ですね。
ガイコクジンにはこの良さがわからないんだろうなあ。それでいいのだ。
a0345791_07342599.jpeg


この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-04-02 21:18 | 日本 | Comments(6)

ダジャン祭りはミャンマー人の若人の集い

またまたスリランカ、コロンボ編から脱線して・・・

4月1日の東京のイベントを探していると、
おお、タイのソンクラーンに相当するミャンマーのダジャン祭りというのが日比谷公園であるらしいですよ。

初めて行ってみました、ダジャン祭り。
代々木のタイフェスのようなものかな?

会場は柵で囲われてるのですが入り口は一カ所しかありません。
「日本人は入場無料、ご寄付のご協力をお願いします」って。

不思議なんですよ、ミャンマー人からはお金を取って、日本人は要らないって。
実際お金をその場で払っていたミャンマー人らしき人もいましたし、あらかじめ入場の切符を持っていた人もいました。
日本人は”顔パス”。
a0345791_17122338.jpg
どうもこのダジャン祭り、タイフェストは違って本当に日本在住のミャンマー人のためにあるようです。
ですから日本人は”入ってもいいですよ”というお祭り。
というのも屋台に出ているメニューには日本語は無し。
a0345791_17123274.jpg
どれもビルマ語で書かれているので指さしで買うことになります。
もちろん日本語で聞くと日本語で答えてくれますが、お店の人もお客さんもほとんどがミャンマー人のようでした。
タイフェスと比べ商売っ気がないです。
a0345791_17123595.jpg
ビールは日本語が書いてありますね。
ミャンマービール!
a0345791_17123806.jpg
一度ヤンゴンで飲んだ記憶がありますが、どちらかというとキリンラガーのような濃い味。
お世辞じゃなくていいビールだと思いました。
500円。

a0345791_17124313.jpg
ステージでは民族舞踊と、ミャンマー人素人のバンドが交互に出演しています。
会場の外側にはゲートにも一切ダジャン祭りとは書いていなかったので、知らなくて通りかかった人はミャンマー人の集いとはわからなかったはず。
しかしステージには第27回と書かれていますよ。
今年の代々木のタイフェスは第19回とのことですからそれより歴史が長いですね。
少ない同胞で細々と開催されていたのが、ここまで大きくなったのでしょうか。

a0345791_17131126.jpg
タナカをしている男性もいます。
電車でここまで来る途中、怪しまれなかったかと心配です。
a0345791_17132972.jpg
どうもミャンマー人の間ではレイバンが流行っているようです。
あちらこちらにかっこいいレイバンマンが。

a0345791_17133228.jpg
年に一度のミャンマー同胞のお祭り。
おめかししてやってきた若者たちが会場のあちらこちらで若人の集いをしていました。
a0345791_17133503.jpg
今日一日、新年を祝って発展する祖国のために明日からまた労働と勉学にいそしむミャンマーの若者たちです。
a0345791_17133875.jpg
私はミャンマービールとミャンマー串トン、ミャンマー唐揚げ、ミャンマーそうめん焼きそばを食べ、まだおなかがすいたので新年のお祝いのお菓子だという、黒砂糖まぶし豆入りの白玉をいただいて帰りました。
a0345791_17134131.jpg














この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-04-01 17:45 | 日本 | Comments(4)

今年の桜は日本橋

今年の東京の桜の満開は平年よりも9日早いと天気予報で言っていました。
えー?まだ家の辺りは咲き始めじゃないかと思っていましたが、もしかするとこの土日を逃すと桜吹雪になってしまうかも。
a0345791_21531098.jpg
そこで桜の名所をあえて避けて行ってきたのは日本橋。
お江戸日本橋です。
a0345791_21533220.jpg
東京駅のあたりから茅場町のあたりまで、オフィス街の中に桜並木の通りがあります。
人も車もごちゃごちゃしているので、なかなか花見という場所ではないのですがそれでも見事な桜の木がトンネルを作っています。
a0345791_21532159.jpg
千鳥ヶ淵は見事ですが、あそこも止まってみられないほどの混雑ですからね。
ここも止まれないのは同じです。
a0345791_21533961.jpg
今日は日中暖かくていっそう開花が進んだようです。
このあたりは完全に満開。
a0345791_21534854.jpg
高速道路で無残に覆われてしまった日本橋。
左奥に日本橋の看板が見えるでしょ。

a0345791_21535795.jpg
こうして今年も桜を心安らかに眺めることが出来てよかったです。
a0345791_21540662.jpg






この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-03-25 22:04 | 日本 | Comments(2)

チバニアンは新種のゆるキャラではありません

今日は暖かかったですね。
せっかくだから写真を撮りに行こうと考えたところは以前にも行ったことがある小湊鐵道の養老渓谷のそば。
a0345791_17574480.jpg
鉄道の時刻などあまり考えずに行きましたが、
たまたま蒸気機関車の運行時間に当たりました。
a0345791_17574354.jpg
たくさん見物客はいるのですが、それでも人混みになるような混雑ではありません。
a0345791_17574334.jpg
やはり千葉県だから?
蒸気機関車がお目当ての方がたくさんいたと思いますが、押し合いへし合いということもなくどことなくのんきな雰囲気が流れています。
a0345791_17574328.jpg
a0345791_17574421.jpg
途中、千葉県民には話題のチバニアンがそばに合ったので立ち寄ってみました。
a0345791_17574454.jpg
地味な場所でした。

チバニアンとは
地球のN極とS極が最後に逆転した痕跡を示す千葉県市原市の地層について、国際地質科学連合の作業部会が、77万年前~12万6000年前(中期更新世)を代表する地層として内定した。正式認定されれば、中期更新世が「チバニアン」(ラテン語で「千葉時代」)と命名され、地球の歴史を分類する地質年代に「千葉」の名前が刻まれることになる。地質年代に日本にちなんだ名称が付くのは初めて。 (毎日新聞記事)



この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-03-18 18:33 | 日本 | Comments(0)