カテゴリ:空港と搭乗( 14 )

エアポート投稿おじさん

エアポート投稿おじさんまた現る。
a0345791_08065807.jpeg
今朝はこれから上海。
ANAが満席だそうで今日はエアチャイナ。
スーパーフライヤーズのお情けでラウンジに入れてもらいます。
a0345791_08074087.jpeg
お酒の飲める人だったらお情けの感謝の度合いも大きいでしょうけど。
a0345791_08072790.jpeg
お酒を飲まない人にとってはただの飾りです。
a0345791_08075499.jpeg
行ってきます。

この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-06-21 08:13 | 空港と搭乗 | Comments(0)

「おもてなし」というのはこういうことか

12月のスリランカの記事も、コロンボで止まったまま。
まあ正確に時系列的に書いてもたいしたことが無いので思いつくまま、写真を眺めるままに適当に書いていきましょう。

今回のバンコク出張は往復ANAでした。ここ半年で、タイ国際航空、シンガポール航空、ベトナム航空、ANAの4社に乗らせてもらいました。
最近の新しい飛行機のシートはよく出来ていて、特にシンガポール航空が頭抜けています。
ですけどフルフラットになる限りはどこも同じで、機内で寝るのだったら快適さは変わりませんね。
a0345791_12261242.jpg
しかし今回のバンコクからの帰り便のNH806便だけANAの787-8(240席バージョン)があたってしまい、これだけがフルフラットになりません。
いつでも一番値段が高いのですからここはさすがANAというところを見せてほしいものですが。
a0345791_12260866.jpg
機内食は、朝、昼、夜で違うので正確に比較できませんが私の好みではこれもANAが一番ではなく、シンガポール>ベトナム>ANA>タイといった感じでしょうか。
アメリカの航空会社が凋落してしまったように、日本のようなコストの高い国の航空会社は国際競争の中で生き残るのが難しいのかもしれません。


バンコクからの帰り便、スワナブーンを6:50出発ですから、離陸してしばらくすると朝食が出ます。
選択肢は和食か洋食の二択。行きの和食のご飯が今ひとつでしたから洋食を頼みました。
リコッタチーズと赤パプリカのフリッタータ
イタリアンポークソーセージ添え
おいしいですよ。贅沢なもんです。
だけど、おお!これがあの”リコッタチーズと赤パプリカのフリッタータ” かあ、なんていう驚きは特にありません。チーズオムレツです。
a0345791_12261025.jpg
成田到着は午後3時過ぎですが朝食を食べ終わると、昼食というメニューはありません。
「お好きなときに」というメニューがあって、うどんとかおにぎりとかスープとかがアラカルトで頼めるんです。まあ、コンビニランチのようなものですが。

機内で日本時間の12時になりましたので、私も何か頼んでみようかなあと、あらかじめ配られていたメニューを見ていたんです。
そうしたら通りかかったCAさんが、
「何かお持ちしましょうか?」
と聞くんです。

びっくりしました。
気が利くなあと思ったのと同時にほんの少しの違和感があって。
ああ、これが滝川クリステルが言っていた日本のおもてなしの心なんだって。

海外の航空会社のCAさんはたとえ乗客が座席で何か捜し物をしたり、困った顔をしていても、頼まれるまでは何も言ってこないものです。
見て見ぬふりをしているんだか、気がついていないのか、と日本人は思いますが、これは習性なんではないかと思います。

海外で気がつくのは、レストランなんかで座っていると日本人は必ず周りの人を気にしていること。
ですから日本人同士がたまたま近くに座っていると相手が心の中で、おお日本人だなって思っているのがよくわかるんです。
レディーボーイが座っているとあれレディーボーイがいるな、なんてすぐに思う(私も同じです)

だけど外人は周りの人のことを気にしない。海外に行くとこのドライさが時として心地いいんですよ。
日本人はこのように常に自分の周りの”人”の動きを気にしているからこそ、先回りできて気遣いする。
それは気が利くともいえるけど、鬱陶しいこととも言えます。

CAさんに聞かれ私がびっくりしたのは、最近アジア系航空会社ばかりに乗っていたので、CAさんがこのように気遣いすることを忘れていたからなんです。
気遣いは嬉しいんですよ、だけど同時に思いました、ああ、自分の一挙手一投足を見られていたんだなあって。
オリンピックの誘致で言われていたようにおもてなしの心は日本人の慣習です。
外国人は最初は感心するでしょう、だけどそのうちに気がついてきますよ、自分が常に観察されていることに。ですからあまりやりすぎると干渉になってしまうような気がしますね。

「はい、ラーメンお願いします」
出てきたのはこれ、
一風堂ラーメン 空の上のトンコツ「 そらとん」
やっぱり名前負けじゃないかな。
a0345791_12261550.jpg













この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-05-20 07:45 | 空港と搭乗 | Comments(2)

スワナブーム空港で喫煙できるラウンジ、おーミラクル

朝の3:15に起きて4時にホテルを出発、結局帰りはホテルのリムジンを頼むことになりました。
今回のバンコク出張でお付き合いいただいたシェラトンのボブさん。もう40年余り会社が指名している運転手さんなんだそうです。
a0345791_07453088.jpeg
チェックインするとラウンジの案内を渡されました。
いつもANAマイレージ乞食のスーパーフライヤーズの恩恵を頂いていたのに、バンコク便でANAを使うのは初めて。
スターアライアンスだから当然ロイヤルオーキッドラウンジでしょう、と見てみると確かにTGのラウンジもありますが、Miracle Loungeというのが搭乗口から一番近そうです。
a0345791_07530851.jpeg
こういう航空会社が使えるようです。一体どういう組み合わせでしょうか。
a0345791_08134054.jpeg
こんなラウンジ今まで全く気に留めていませんでした。
あとで調べると以前のCIP ラウンジが昨年リブランドしてできたとのことです。
a0345791_07541940.jpeg
入ってみると内装は安めの郊外の安普請の家のようなあっさりとしたものですが、一応揃うべきものは一通りあります。
a0345791_07574475.jpeg
a0345791_07581650.jpeg
食事の類も日本のANAラウンジの鳥の餌と比べれば本格的です。
(最近のANAはコストダウンしすぎて、ほとんどの部分でアジア系にかなわないですね)
食事はするつもりがないので人が少ないスナックコーナーに。
あれ、BAMBOO GARDENという看板の矢印のところにタバコマークが。
もしかしてラウンジの中に喫煙室があるんでしょうか。
a0345791_08005711.jpeg
なるほど、建物の外なんですね。ムッとして暑いですが広々とした喫煙場所です。
a0345791_08052592.jpeg
この位置Dコンコースのまさに外側です。
到着の時、コンコースからイミグレに行く時少し坂を登りますがあの坂の左手ですね。
これは知りませんでした、今までスワナブームの出国では各コンコースの末尾にAのつくゲートに喫煙室でひしめき合ってタバコを吸っていましたが、ここは天国です。
a0345791_08090607.jpeg
さあ、もう一度天国に寄ってから搭乗ゲートD4に向かいましょう。


[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-05-18 07:41 | 空港と搭乗 | Comments(0)

至れり尽くせりがいいってもんじゃない

羽田のラウンジの中にあった障害者用トイレ
よく見ると見慣れないアフリカの航空会社の尾翼のようなマークがあります。
見過ごしていましたがこれLGBTのマークですね。
以前名古屋でLGBTに対する理解を深めるようなフェスティバルに出くわしこのマークのことを知りました。
なるほどLGBTの方は男性用、女性用どちらのトイレにも入りにくかったということなんですね。知りませんでした。
a0345791_23221093.jpeg
今バンコクのホテルにいますが、ちょっと事情があって突然ジャカルタ行きが中止になってしまいました。明日の便だというのにキャンセルしてバンコクから帰国です。
理由はあえて書きませんが、ラマダンが明けたら再度訪問することになるでしょう。
それにしてもいったいキャンセルも含めいくらかかるんだろうか。
a0345791_23382323.jpeg
それでなくても今の会社、出張の待遇に関してだけは今まで経験したことがないような豪華さです。しかも自分で勝手に節約してはダメなんです。
いや、決して自慢ではないので最後までお付き合いください。
中長距離の飛行機はビジネスクラスと決まっています。
(下の写真はタイ時間午前3時ごろに食べたANAの和食)
a0345791_23293514.jpeg
空港からホテルまではホテルに頼んでリムジンを使いなさいって。
私はバンコクに限っては慣れていますのでタクシーで行くつもりだったんです。
聞いたらホテルのリムジンの値段は片道3000バーッ弱、1万円近くします。
ここ、東京じゃない、バンコクですよ!
自分で勝手にタクシーを使うとあとで何言われるかわからないのですが、あまりにも理不尽に思えてしまう値段だったので空港のAOTのベンツを頼んで行きました。
a0345791_23375913.jpeg
ホテルは原則としてアメリカ系のシェラトン、ヒルトン、インターコンチネンタルなんていうようなホテルしか泊まってはいけないんです。
そりゃいいホテルですよ、仕事に集中するためには全く支障がありません。今日も昼過ぎからはホテルの部屋にこもって仕事をしていました。

でもね、贅沢ですが全く面白くないんです。
飛行機のビジネスクラスも慣れてしまうと、ただの椅子です。目が飛び出るように高いのに家のオンボロベッドの方がはるかにゆったりしている。
そしてどこの国に行っても高級ホテルはみな同じようなもの、均一なレベルで豪華だけど驚きも何もありません。
蛇口を開けば熱いお湯が出る、コーヒーを頼めば持ってきてくれる、エアコンの音がうるさいこともない、白いシーツのベッドになぜか必要以上の白い枕が並べてあることさえもどこでも同じ。
ですからタイでもベトナムでも中国、シンガポールでもほとんど同じような環境で仕事ができます。
a0345791_23404322.jpeg
要は余計なこと考えずに仕事をしなさいってことなんですね。
部屋の便器がタイ式でプシューが付いていて面白い、なんてブログに書いてちゃいけないんです。
全てのルールが決まっていて自分の好きなようにすることはできません、だってお金を払うのは会社であって私は仕事でここにきているんですから。



バンコク新情報です。
タイ入国の際に書かされるあの青い入出国カードのフォーマットが変わっていました。
a0345791_23401583.jpeg
以前の入出国カードをたくさんもらってきて、事前に記入して持って行こうとしていた方(それは私ですが)ご注意ください。
フォーマットが変わったので裏に書いてあった馬鹿なアンケート、あなたの収入はいくらかって書くやつは無くなったと思ったら、依然としてありました。
こんなこと聞いてタイ政府は何をするつもりなんでしょうか。
収入0と書いても咎められたことはありませんが。
a0345791_23402808.jpeg




この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-05-16 00:29 | 空港と搭乗 | Comments(4)

エアポート投稿おじさんは私です

羽田0:05発のANAでバンコクに向かいます。
この便、予定表には13日24:05発と書いてありました。
14日0:05では勘違いして14日の夜に空港に来る人がいるかもしれませんから。
a0345791_23315769.jpeg
今空港から投稿していますが、最近こんな話題が。なんだこりゃ私のことじゃないか。



“エアポート投稿おじさん”が増殖中


「連休中だけに限りません。平日に限って、誰も望んでいないのに、なんであんな写真を投稿するのか。意味がわかりません」

そう語るのは、都内で医療用機器のメーカーで営業職を務めるの江藤夏希さん(仮名・27歳・港区在住・Facebookの友だち数511人、Twitterのフォロワー数149人※鍵アカウント)だ。


 江藤さんが“気持ち悪い”と嘆くものの正体は、中年男性がFacebookにアップする空港にいる時の写真らしい。


「40代以上のおじさんだけが、なぜか空港にいるときに写真を撮影してFacebookに投稿するんですよ。『いってきます』とか『東京離れます』とか。あれ、誰も頼んでいないのに、なんでおじさんは空港で写真を撮ってSNSにアップするんですかね?」


 江藤さん曰く、この“エアポート投稿おじさん”は1人や2人だけではないという。なんと、複数のおっさんが同時多発的に空港にいる自分の写真をSNSに投稿しているというのだ。

a0345791_23343700.jpeg

この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-05-13 23:35 | 空港と搭乗 | Comments(6)

興味の無い人にはどちらでもいい、自分の乗る飛行機の調べ方

私は結構な鉄道好きで、子供の頃は鉄道ジャーナルなんか読んで列車の車両の略号とか製造会社なんかを調べて喜んでいました。
その点飛行機はあまり身近じゃないんでそういうマニアックなことをしたことがないのですが、インターネットのこの時代WEB上で結構なことまで調べられることに気がつきました。
興味の無い方にはどちらでもいい話ですが、自分のメモとしてココに記録しておきます。
a0345791_20112390.jpg
飛行機の機体を見れば書いてあるのですが、航空会社のWEBには機種(B787とかA330とか)は書いてあっても、固有の機体番号(レジ番)は書いてありません。
主要航空会社が所有している(廃番も含む)すべての飛行機の機種と機体番号がこのFLY TeamというWEB
ですべて調べられ、しかも登録した日付までわかるんです。
上のタブで「航空会社」を選び、下のタブで「機材」を選ぶ。
例えばANAの最新鋭ボーイング787-9の一番新しい飛行機は2018年3月に登録したものでその機体番号はJA-898Aとなっています。
a0345791_20113205.jpg
これだけだと単なる昔の鉄道オタクと同じ。
この機体番号からFlight AwareというWebでこの飛行機が今現在どこにいて今月どこを飛んでいたかも調べることが出来ます。
今コレを見るとANAのB787-9、機体番号JA898ーAは今日中国の大連を15:56に離陸し、成田空港に19:44に着陸したことがわかるんです。しかもその飛行経路まで地図上に出てきます。
もちろんこの飛行機は今日の昼に成田から大連に飛んでいったんですが。
a0345791_20113580.jpg
バンコクから出発する成田行きのANA(すなわちawayですから)は、その前に成田からバンコクに飛んできた飛行機だということは理解していました。(実はコレも例外があったんですが)。
ですから国際線の飛行機ってものは、同じところをいつも往復しているのでトラブルでも無い限り機種は同じものになっているのだと思っていたんです。
ところがこのFlightAwareを見て真実を知りました。
このB787-9のJA898-Aという機種、今日の昼に大連に行く前には、バンコクから朝到着したものだったんです。
そのバンコク往復の前はなんとホノルル往復。
a0345791_20112923.jpg
なに、そんなことは不思議でもなんでもないって?
いやー知りませんでした。
いつも同じところを往復すると思っていたんで、バンコク線に使う飛行機はバンコクの匂いが染みついているもんだと思っていたんです。
まだ続きがあります。
羽田からバンコクに行くANAの夜行便の便名はNH849便、この飛行機の座席表をSeat Guruというもので調べることが出来るんです。

5月18日のNH849を選択すると、B787-9のシートマップが出てきました。
ただこのSeat Guruは機種は認識していますが、機体番号は認識していない。
すなわち同じ機種で違うシート配列の飛行機があるとバーション違いを自分で選ばなくてはいけません。
そのためには航空会社のWEBで座席数を確認すればほぼどのバージョンかわかりますね。
a0345791_20112636.jpg
今日のお話、ほとんどの方にとってどちらでもいい話であることは十分承知しております。
だから最初に書いたとおり私自身のためのメモだって。


この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-05-07 21:19 | 空港と搭乗 | Comments(2)

羽田空港国際線のラウンジは難民収容所状態

もう子供の日がすぐですね。
羽田空港国際線ターミナルに鯉のぼりが泳いでいますよ。
今朝は日曜日なのに早起きして羽田空港に来ました。
上海に行くんです。
a0345791_09053270.jpeg
ところで子供の日といえば、連休、連休明けといえばタイフェスティバルです。
今年は公式ポスターが無いようなのでこれを貼り付けておきますね。
a0345791_09090377.jpeg
ヤムの会の総会(ただし決議事項は何も無し)は12日の方ですよ。


連休前の日曜日の朝ですから羽田空港国際線は空いていると思ったんです。
しかし、手荷物チェックに30分くらい、免税店でタバコを買うのに15分ぐらい並びました。
ANAのラウンジも多くの人がカレーや飲み物を求めてぐっちゃぐちゃ。
優雅なラウンジが、難民キャンプ状態です。
a0345791_09055396.jpeg
まあ、エコノミークラスに乗るのに、スタアラゴールドの資格で入ってくる私のようなマイレージ乞食がいるから混雑するんですが。もともと全てにおいてキャパが足りないんでしょうね、羽田空港国際線ターミナル。
いったいこれで5月連休の時はどうなってしまうんでしょうか。

実は私、上海には10回以上来てると思いますが、虹橋空港(ホンチャオ)は初めて使うんです。市街地の近さでいうと羽田空港は虹橋空港に相当し、成田空港は浦東(プードン)に相当します。ですから多くの人は都心に近い羽田と虹橋の方が便利です。これによって需給バランスから羽田空港、虹橋空港を使う便の方が料金が高いんです。
ですから今の会社だから虹橋に来られたというわけで。

やはりANAは近距離エコノミーでも食事が出ますね。カレー!お手軽で美味しくていいじゃないですか。中国東方航空、中国南方航空、中国国際航空は食事が出ないのかって?
a0345791_14463317.jpeg
確かに食物は出ます。ただ食べることができるというものですけどね。

さて無事に上海のホテルに着きました。
今日から1週間この部屋に滞在です。
a0345791_14464852.jpeg


この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-04-22 15:07 | 空港と搭乗 | Comments(4)

海の上でブログ書いています

今ベトナムとインドネシアの間の洋上です。
シンガポールエアラインのCクラスは30MBまで無料なんですって。

便利な世の中になりました。
今まで飛行機の中は電波が届かない珍しく隔離された世界だったのに。

でもね、これじゃあ機内でも普通に仕事ができるってことじゃないですか。
今使っている限りは、回線が遅いのでストレスがあるし、インターネットが繋がってもなぜか音声通話はできないことになっているんですが、きっとこれも時間の問題です。

「いやあ、お電話いただいていたのはわかっていたんですがシベリア上空で偏西風の揺れがすごくて、機内でパソコン使用禁止の指示が出ていたんです、すみません」
なんて嘘をつかなくてはいけなくなる時代が来るかもしれません。
(今本当に揺れていてますがこうして書けています)

インジケーターが残り23MBの残容量を示しています。
果たして写真を1枚アップすることができるでしょうか。
a0345791_17441330.jpeg
アップできることを祈ります。

[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-03-16 18:08 | 空港と搭乗 | Comments(0)

ブックザクックで選んだ機内食

仕事で乗せてもらっているのですから文句ばかり言わずに、良いところを言わなくっちゃ。機内食のお話です。
シンガポール航空お馴染みのサテーです。
やや甘いピーナッツソースが美味しいのでたっぷりかけてもらいました。
a0345791_23291352.jpeg
前菜です。写真の色が悪くて美味しそうに写っていませんがサーモンのサラダです。
a0345791_23300865.jpeg
これがメインディッシュ。
実はシンガポール航空はファーストクラスとビジネスクラスはインターネットで食事の事前選択ができるんです。
ブックザクックというもので、私は1週間前にうなぎの蒲焼を頼んでいました。
期待していたんですよ、最近うな重食べていないし。
ところがどんなうな重かとインターネットで調べてみたら、どうもうな重ではなくてご飯にうなぎの蒲焼が添えてあるようなもので、あまり評判がよろしくない。
そこで急遽牛ヒレ肉のバジルペストというメニューに変えたんです。
ヒレ肉ならハズレがないと思って。

そうしたらこれが美味しいんです。
肉はそこそこですが、ソースが良くできている。
普段シソが嫌いなのですが、これは青臭さがなくて馴染んでいました。

a0345791_23302013.jpeg
いつも品のない早食いの私ですから、料理と料理の間を持て余してしまいます。
a0345791_23303659.jpeg
これはデザートのアイスクリームですが、どうせ機内で出てくるハーゲンダッツのアイスクリームのようにガチガチだろうと思ったら、程よい柔らかさ。
これは出すタイミングに感心しましたよ。
a0345791_23304729.jpeg
チーズとクラッカーはパスして選んだ果物はこの二つ。
もっといろいろ頼んでもよかったのですが、お腹いっぱいで普段食べ慣れているものしか選べませんでした。
a0345791_23305897.jpeg
さあ、食事も終わったので寝る前にもういっぱいお酒を。
といっても一度試してみたかったシンガポールスリング。
パイナップルジュースの味でした。
a0345791_23311084.jpeg
座席をフルフラットにしてもらって昼寝をしたらばシンガポールに近づいていました。
a0345791_23312849.jpeg






この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-03-14 19:55 | 空港と搭乗 | Comments(4)

インターコンチネンタル ダナン空港ラウンジ

今、ダナンの空港の中にあるインターコンチネンタルホテルのラウンジにいます。
ホテルからここまでホテルのベンツのリムジンで送ってもらいました。
他にお客さんはいないので私に気を利かしているのかギターの演奏の演歌がかかっています。

いや自慢するつもりは全くありません。
こんなにつまらない海外旅行は初めてでしたから。
a0345791_21080984.jpeg



この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-02-01 21:30 | 空港と搭乗 | Comments(2)