2018年 05月 19日 ( 1 )

空港送迎サービスは無料?

4時にホテルを出発ですからモーニングコールを3:30で頼んでおきました。
しかし自分のiPadの目覚ましを3:15にセットしましたからもう3:30にはバッチリ起きています。
3:30になるとモーニングコールがかかってきました。
「おはようございます、スクムビットさん、お目覚めですか」
予期せずコンピューターの音声ではなくタイ英語ですが優しそうな女性の声です。
「はい、起きてますよ、ありがとう」
と言ってすぐに受話器を置こうとすると、
「お元気ですか、コーヒーでもお持ちしましょうか?」
ですって。驚きました。
a0345791_20195628.jpg
だって朝の3:30ですよ。この時間に私のために一杯のコーヒーを持ってきてくれることができる。
素晴らしいサービスです。
同じ状況でコーヒーのルームサービスができるホテルが日本にどれだけあるでしょうか?
こういうところが本当の高級ホテルなんだと思います。
a0345791_20200465.jpg
ところで、サービスという言葉、日本人は無料という意味で使っている場合が多いです。
「奥さん、今日はサンマ3匹で1匹サービスするよ」とか
「当ホテルの空港送迎はサービスです」これは無料送迎って捉えますよね。

海外のサービスって意味が違うんですね。
そういう業務を請け負うことができますって意味。
ですから空港送迎サービスも、ルームサービスも有料なんです。
もし、ウェルカムドリンクが無償の場合はサービスではなくてフリーですって言い方になるでしょうね。
部屋に置いてある無料の水もサービスではなくComplimentaryですものね。


法人間のビジネスでも物を買ったら配送はサービス、すなわち無料って思っている人が多いんですよ。
もし配送代を払っていないとしたら、それは無料なんではなくて、すでに代金に含まれているってこと。
その辺りのサービスのコストを曖昧にしたがるのは日本人の悪い癖だと思います。

私だったら法人のお客にこう言います。
弊社はお客様が望まれる日時、数量、どんなご要望でも配送でもいたします。
もしご入用であれば、配送する弊社のドラム缶にバラの花束も付けて配送できますよ。

ただし全て別料金をいただきますがって。



この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-05-19 05:09 | バンコク | Comments(6)