2018年 05月 16日 ( 2 )

朝ごはん食べすぎ

本来なら今日はバンコクからジャカルタに移動する日でしたが、ジャカルタ行きがキャンセルになってしまったので今朝はゆっくりできます。
a0345791_09364613.jpeg
昨晩は高級ホテルはどこも同じだ、なんて否定的なことばかり書いてしまったので、実は楽しんでいるところもあるということを書きましょう。
スクムビットのシェラトン、今年泊まった海外のホテルの中では一番感じがいいですね。しかも一番安い。朝7時まえのチェックインにもかかわらず部屋に入れてもらえたことや珍しく喫煙できる部屋があったことで最初の印象が良かったせいかもしれません。
朝食も一番良かったです。
a0345791_09373338.jpeg
一流ホテルに朝食はたくさんの珍しい食べ物が並んでいて嬉しくなってしまいますが、いつも取りすぎないように注意しているんですよ。
そして結局オムレツをオーダーして食パンにカフェオレというのが私に定番になってしまい、豪華ブッフェに囲まれていながら食べるものはいつも同じというパターンなんです。
珍しくフルーツにマモアンがあります。嬉しいですね。
タイフェスで私が帰った後皆さんが食べていたマンゴスチンは残念ながらありません。
あれ、紫の色が服に着くと取れないらしいですからホテルも嫌がっているのかもしれません。
a0345791_09370546.jpeg
a0345791_09371899.jpeg
さて今日はゆっくりの朝ごはんですから、ついついたくさん取ってきてしまいました。
普段はこんなに取らないんですよ、本当に。
a0345791_09362486.jpeg
写真撮りながら、少し多かったなと後悔しました。なんとか食べきれたけどお腹いっぱい。ブッフェで食べ過ぎるのは下品なことだっていつも思っているのに。

部屋に戻って一服しながら窓を開けるとターミナル21が見えます。
a0345791_09534877.jpeg


この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-05-16 09:58 | バンコク | Comments(2)

至れり尽くせりがいいってもんじゃない

羽田のラウンジの中にあった障害者用トイレ
よく見ると見慣れないアフリカの航空会社の尾翼のようなマークがあります。
見過ごしていましたがこれLGBTのマークですね。
以前名古屋でLGBTに対する理解を深めるようなフェスティバルに出くわしこのマークのことを知りました。
なるほどLGBTの方は男性用、女性用どちらのトイレにも入りにくかったということなんですね。知りませんでした。
a0345791_23221093.jpeg
今バンコクのホテルにいますが、ちょっと事情があって突然ジャカルタ行きが中止になってしまいました。明日の便だというのにキャンセルしてバンコクから帰国です。
理由はあえて書きませんが、ラマダンが明けたら再度訪問することになるでしょう。
それにしてもいったいキャンセルも含めいくらかかるんだろうか。
a0345791_23382323.jpeg
それでなくても今の会社、出張の待遇に関してだけは今まで経験したことがないような豪華さです。しかも自分で勝手に節約してはダメなんです。
いや、決して自慢ではないので最後までお付き合いください。
中長距離の飛行機はビジネスクラスと決まっています。
(下の写真はタイ時間午前3時ごろに食べたANAの和食)
a0345791_23293514.jpeg
空港からホテルまではホテルに頼んでリムジンを使いなさいって。
私はバンコクに限っては慣れていますのでタクシーで行くつもりだったんです。
聞いたらホテルのリムジンの値段は片道3000バーッ弱、1万円近くします。
ここ、東京じゃない、バンコクですよ!
自分で勝手にタクシーを使うとあとで何言われるかわからないのですが、あまりにも理不尽に思えてしまう値段だったので空港のAOTのベンツを頼んで行きました。
a0345791_23375913.jpeg
ホテルは原則としてアメリカ系のシェラトン、ヒルトン、インターコンチネンタルなんていうようなホテルしか泊まってはいけないんです。
そりゃいいホテルですよ、仕事に集中するためには全く支障がありません。今日も昼過ぎからはホテルの部屋にこもって仕事をしていました。

でもね、贅沢ですが全く面白くないんです。
飛行機のビジネスクラスも慣れてしまうと、ただの椅子です。目が飛び出るように高いのに家のオンボロベッドの方がはるかにゆったりしている。
そしてどこの国に行っても高級ホテルはみな同じようなもの、均一なレベルで豪華だけど驚きも何もありません。
蛇口を開けば熱いお湯が出る、コーヒーを頼めば持ってきてくれる、エアコンの音がうるさいこともない、白いシーツのベッドになぜか必要以上の白い枕が並べてあることさえもどこでも同じ。
ですからタイでもベトナムでも中国、シンガポールでもほとんど同じような環境で仕事ができます。
a0345791_23404322.jpeg
要は余計なこと考えずに仕事をしなさいってことなんですね。
部屋の便器がタイ式でプシューが付いていて面白い、なんてブログに書いてちゃいけないんです。
全てのルールが決まっていて自分の好きなようにすることはできません、だってお金を払うのは会社であって私は仕事でここにきているんですから。



バンコク新情報です。
タイ入国の際に書かされるあの青い入出国カードのフォーマットが変わっていました。
a0345791_23401583.jpeg
以前の入出国カードをたくさんもらってきて、事前に記入して持って行こうとしていた方(それは私ですが)ご注意ください。
フォーマットが変わったので裏に書いてあった馬鹿なアンケート、あなたの収入はいくらかって書くやつは無くなったと思ったら、依然としてありました。
こんなこと聞いてタイ政府は何をするつもりなんでしょうか。
収入0と書いても咎められたことはありませんが。
a0345791_23402808.jpeg




この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-05-16 00:29 | 空港と搭乗 | Comments(4)