人気ブログランキング | 話題のタグを見る

EF50mm F1.8 STM”しばり”

キヤノンの最安値レンズEF50mm F1.8 STM
私は50㎜という焦点距離に慣れなくてどうも使いづらい。
しかし私にとっては最も明るいF1.8というレンズなので時々出番を作ります。
今日も浮気をしないよう他の交換レンズを持たずこのレンズをカメラに取り付けていつもの花の美術館へ。
EF50mm F1.8 STM”しばり”_a0345791_19342225.jpg
これはコムラサキですね。
この鮮やかな紫色の実で名前を憶えてしまいましたね。
EF50mm F1.8 STM”しばり”_a0345791_19343261.jpg
F1.8で撮りたいのは下のこういう写真。
狙いの被写体が2m先ぐらいにあって、同時に背景をぼかして(しかしながら何かわかるように)撮るというものなんですがなかなかバランスの取れた被写体がありません。
EF50mm F1.8 STM”しばり”_a0345791_19342550.jpg
被写体がすぐ前にいるとF1.8では後ろがボケボケになってしまいます。
EF50mm F1.8 STM”しばり”_a0345791_19360455.jpg
海まで行きはレンタルサイクル、今日の日の入りは17:30ぐらいで帰りはゆっくり歩いて帰ってきました。

EF50mm F1.8 STM”しばり”_a0345791_19343816.jpg


この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



by sukhumvit-asok | 2021-09-23 19:55 | 日本 | Comments(2)
Commented by ヒョウちゃん at 2021-09-27 22:12 x
学生の時にバイトでやっとこさ、一眼レフ(もちろん銀塩カメラ)を購入しまして、その時に付いていたのが50mmの標準レンズでした。
当時はズームレンズは高いわりに性能が良くないので、カメラとセットで売ることはなかったと思います。
そのかわり、28mm、50mm、85mmを揃えるというのが基本中の基本ではなかったかと。
余裕のある人はさらに、135mmとか35mmとか持っていたんじゃないかな。
当時のフトコロ事情で長らく、50mmだけで撮っておりました。次に28mmをやっと購入できましたけど。
単焦点レンズ1つきりでも、近寄ったり、離れたり、自ら焦点距離を調節して何とかなったものです。
長尺の場合、難しいんですけど、旅先で長尺しか使えなくなったことがあって、それでも何とかなりました。
ま、コンデジも持っていたので何とかなったということもありますが。
Commented by sukhumvit-asok at 2021-09-28 18:10
ヒョウちゃん
私が最初にフィルム一眼を買った当時は安物のズーム2本セットが主流でした。
その頃は望遠と広角はわかっても焦点距離とかボケとかわからなかったんです。
ですから明るい単焦点の良さは最近わかってきたようなもんですね。
スクムビット
<< 公園の中に泊まるというレジャー 赤・白・きいろの彼岸花 >>