なんちゃって京都

少し間が空いてしまいました。
京都での数時間、フォトジェニックな場所をネットで調べたところ嵯峨野に着物を使ったオブジェがあるとのこと、行ってみることにしました。
まずはホテルから歩いて嵐電(あらでんと読むんですね)の四条大宮の駅を目指します。
途中左側に見えるのは東本願寺。
a0345791_07112372.jpeg
さすが京都は立派なお寺が点在しています。
寄り道してお堂の中にも入ってみました。
広々としたお堂の中で何人もの方が座っていますが、静寂でいい雰囲気です。
a0345791_07125098.jpeg
歩くのが予想よりはるかに時間がかかって、嵐電四条大宮の駅に到着です。
おそらく初めて乗ります。
小さい市電型ですが、このホームは行き止まりの駅になっています。
今やこれだけでも珍しい。
来た甲斐がありました。
a0345791_07110412.jpeg
この電車お金は後払い、均一運賃ですから切符を買わずホームに行き電車に乗り込みます。
専用線路を走り、道を走り、少し傾斜を登って行くと嵐山駅です。
この駅にネットに載っていたフォトジェニックな着物のオブジェがあるんです。
これ!
a0345791_07122033.jpeg
うーん、冴えないです。
透明なパイプの透明感が少し失われていて日中のせいか色が映えない。
これは失敗しました。
夜になると明かりが灯って綺麗なんでしょうけど。
着物の美しいお嬢さんたちも一緒に入れてなんとかそれらしい写真になりました。
a0345791_07095063.jpeg
せっかくですから、嵯峨野を少し散策してみましょう。
観光客がたくさん、観光客を相手にした土産物屋さんもたくさん。
これが京都ですよーというお土産が並んでいます。
こりゃ鎌倉の小町通りと似ています。
浅草のように人力車もいそうだと思っていたら、まさに人力車が後ろからやって来て驚きました。
これが本当の京都かどうかは知らないけれど、ここは外から来る人のための“京都”というイメージパークですね。
a0345791_07114801.jpeg
そんな観光地でも渡月橋と川の流れは何百年の歴史をそのまま残している、と思ったら9月の大雨で壊れて大幅修理中のようでした。
a0345791_07120321.jpeg





この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-10-16 20:59 | 日本 | Comments(0)
<< チョウザメが村の人口を超えました シウマイ弁当食べながら >>