足の爪は人に切ってもらうに限る

変な話で恐縮ですが、ここのところ海外で足の爪を切ってもらうことにはまっています。
昔タイで床屋の椅子に座っている人が手と足の爪を切ってもらっているのを見たことがあります。それも2人の人に切ってもらっているのでまるで王様が椅子に座って家来がかしずいているようで嫌な感じだったんです。
それに深爪されるのが怖いし、一度のやってもらったことはありませんでした。

昨年、中国人社員にに中国ローカルの足マッサージ屋さんに連れて行ってもらった時に勢いで足の爪を切ってもらいました。
ナイフで削っていくように切るので最初はビクビクしていて爪切り職人に、もっとリラックスして、と言われたくらいです。
それが切ってもらった後の見事な出来栄えに驚いたんですよ。
それからです。
a0345791_10580048.jpg
バンコクのマッサージ屋でも足の爪を同じようにナイフで切ってくれます。
このお姉さん、足マッサージの時に爪切りを頼んだら嬉しそうに、私はこの店で爪切りが一番得意だと言っていました。
やはり見事な出来栄えです。

自分で日本の爪切を使って自分の爪を切るのは、お腹が邪魔するのと爪が硬いせいで、なかなか綺麗に短くするのは難しいんです。
それがプロに切ってもらうと短くみなく長くもなく完璧な長さになります。
一回切るとしばらく何もしなくていいぐらい。
a0345791_10575721.jpg
ということで、次の出張でもまたやってもらう機会を作りたいです。



これはおなじみバンコクの電線。
こんなに混雑しているのは、誰かが電気の電線と電信柱を拝借してLAN回線や光ファイバーを勝手に配線しているんじゃないでしょうか。
a0345791_10590312.jpg
そうでもなければこんな芸術的な姿になるはずがないと思うんですけど。
a0345791_10580442.jpg
ジャカルタの航空券を取りましたが、日本に帰国した翌日には福岡に行くことが決まっています。
忙しいなあと思っていたら、昨日の会議でその前に上海に来れないかって聞かれました。もし上海にいくのだったら夜行って翌日の夜に帰ってこなくてはいけません。
旅も仕事となると疲れるし面倒なだけ。

それでも毎日暇にしていた昨年後半のことを考えると感謝しなくてはいけませんね。




この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-06-09 07:14 | バンコク | Comments(0)
<< 青マンゴーを囓りながら リゾートホテルでのんびり、なん... >>