リゾートホテルでのんびり、なんてことができるかな

アナンタラリゾートの中にはのんびりした空気が流れています。
こういうところに滞在していると、何も市内に出て急いで買い物したり渋滞に巻き込まれながら観光することが億劫になってしまいますね。
a0345791_18405548.jpg
多くの日本人観光客は海外に行ったら、ガイドブックに書いてあるようなその地の有名な観光地に行かなくてはいけないというような強迫観念を持っています。
a0345791_18405505.jpg
バンコク行ってどこにも行かずホテルのプールサイドで本を読みながらゆっくり過ごして来ました。
なんていうことは日本人はなかなかできないですね。
a0345791_18405541.jpg
これは送迎用ボートではないけどアナンタラの桟橋に係留されていましたので、宿泊客用の観光ボートでしょうかね。
目が面白い。

a0345791_18405580.jpg
さて、そろそろ帰りましょうか。
あれ、あちこち写真を撮らせてもらったけど結局何もお金を使わなかった。
まあ、いっか。
a0345791_18410201.jpg
アナンタラボートの時刻表です。
BTSにさえ時刻表がないのに、律儀なものです。
朝7:20から深夜まで、20分ごとにアナンタラホテルとサトーンの間を往復しています。オリエンタルやペニンシュラはもっとサトーンに近いのでもっと頻繁にあったような気がします。
a0345791_18405696.jpg
帰りに乗り合わせた韓国人カップル。
新婚旅行でしょうか。
2人の様子を見ていると初々しくて感じの良いカップルでした。
a0345791_18410247.jpg


6月下旬のジャカルタの航空券を発券してもらいました。
驚きましたが羽田ージャカルタ線はビジネス需要が多いんですね、その週はもうほとんど満席です。
もちろん出張ですけど1日だけ時間が空くかもしれません。
初めてのインドネシアですけど、やってみようかな。
ホテルの外にでず、ホテルの中でも何もせず、プールサイドで本を読む。
ビールなんか頼んじゃって、眠たくなったら寝ればいい。

ホテルに部屋にこもってメール処理なんてことにならなければいいけど。








この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-06-08 07:08 | バンコク | Comments(6)
Commented by trintrin at 2018-06-08 08:00
新婚旅行のカップルさん
トップスがTシャツとシャツで
デザインも素材も全く違うけど
「象」でそろえているあたりが
オシャレ番長
スクムビットさまは何をお召しでしたかしら?
スリランカの象Tシャツ?
Commented by Lunta at 2018-06-08 11:19 x
羽田―ジャカルタ線はびっくりするほどビジネスクラスが多くて、お客さんはほぼおじさんなんですよ。
まあ、ジャカルタに観光に行くような酔狂な人はいませんからね。
ジャカルタもビジネスで使われるようなホテルはサービスもいいですからプールサイドでのんびりしてください。
我慢できなくなったら国立博物館かでっかいモスクがおすすめです。
Commented by ヒョウちゃん at 2018-06-08 21:58 x
わたしゃ、バタビア地区がおススメです。
オランダ時代の古い建物があります。
カフェ・バタビアっていうオールドカフェもありますよ。
いちお、まだラマダンですね。
Commented by sukhumvit-asok at 2018-06-09 07:17
trinさん、
さすがですね、私は自分で撮ったこの写真を何回もみているのに2人が象の服を着ているなんて全く認識していませんでした。
目に入っているのに認識していない。
まさに盲目です。
恐れ入りました。
スクムビット
Commented by sukhumvit-asok at 2018-06-09 07:20
Luntaさん、
驚きましたよ、特に月曜日と金曜日は早くから満席だそうです。
私もおじさんの1人として行ってきまーす。
ホテルでのんびりできるかというと、自信ないです。
教えていただいた場所の行き方を調べて行きます。
スクムビット
Commented by sukhumvit-asok at 2018-06-09 07:22
ヒョウちゃん
有名なカフェレストランのようですね。
何人かの人が一階は喫煙で二階は禁煙。
一階を通るとタバコ臭いということが書いてありました。
いいお店のようですね。
スクムビット
<< 足の爪は人に切ってもらうに限る アナンタラボートでアナンタラに行く >>