パッションフルーツのタネはバリバリ食べるもの

最近目の前にあれば食べてしまうもの、それはパッションフルーツ。
昔は日本には無い果物でした。今もあまり見ないけど。

最初食べた時の感想。
すっぱーい。昔のみかんの缶ジュースのような金属の味。実の中の少しニュルニュルしたとこを啜るんですが、タネを吐き出すと食べるところがほとんどない。
散々な印象でした。

ところがあるときに知ったんです。中にタネはバリバリ噛んで食べてしまうって。
タネに味がするわけではないけど、なるほどタネも噛み砕いてしまうと、唯一残っているニュルニュル部分も吐き出さなくてすみます。

ということでテスコロータスに売っていたんで買ってきました。
タイではおなじみ辛子砂糖付きで39バーっ。一個13バーっ。
やっぱりすっぱーいけど、酸味のパンチがあって好きです。
a0345791_18373084.jpg





この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-06-04 06:09 | バンコク | Comments(0)
<< ゆで卵のような練り物 フェス・フェス・フェス・東京の... >>