食べ物を洗濯バサミで吊るしちゃイカんじゃないの

チャトチャックの営業日は土日だけ。
あんな広大で外国人にも大人気の市場を土日だけしか営業しないなんてもったいないと思いますが、平日は売るものの製作でもしているんでしょうかね。

たとえスルメであったにしてもイカを洗濯バサミで吊るすっていうのは日本人にない感覚ですね。
見慣れればいつものタイの風景の一部ですが、最初にこの洗濯バサミ吊るしを見たときは驚きました。
でもよく考えてみるとこれの何がおかしいんだろうと思えてしまうのは、自分がタイに慣れてきたからでしょうか。
a0345791_18340186.jpg
こういう電飾はチャトチャックや、シーロムの夜店にもありますが、なんといってもチェンマイですね。
夜の写真の題材にいいです。
買ったことはありませんが、いつも思うのはこれを日本に買って帰って、果たして100Vの電圧で点くんだろうかということ。
コンセントの形状の違うのはアダプターでなんとかするとしても電圧の違いはトランスが無ければ変換できませんから。
だれか夜店の人に聞いてくれませんかねえ。
a0345791_18340453.jpg
こういう昔モノがノスタルジックでいいという感覚をタイ人も持っているんですね。
こういうセンスもどんどん日本に追いついてきていると思います。
そのうちタイにもウオシュレットが普及して、トイレのプシューピストルが懐かしいなんてことになりますよ。
a0345791_18340836.jpg
TOTOは今年4月24日、タイに温水洗浄便座「ウォシュレット」の工場を新設し、2020年4月に本格稼働すると発表した。投資額は約37億円。ウォシュレットの海外工場はマレーシア、中国・上海に次ぐ3カ所目で、当面は需要が堅調な日本と米国向けの輸出拠点にする。タイで温水洗浄便座の専用工場は初めてという。



今日の暁の寺院
Casioのコンデジの特殊な撮影モードで撮った写真
a0345791_18333828.jpg


この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-06-01 06:35 | バンコク | Comments(2)
Commented by Lunta at 2018-06-01 11:27 x
チャトチャックのスルメ、壮観ですね。
でも日本でも呼子のイカは洗濯バサミで吊るされて、しかも電動でグルグル回ってました。
トイレのプシューピストルは優れものですよね。
実はその存在を知りながらずっと使っていなかったのですが、今回のミャンマーで初体験、使い心地の良さに今さら感動しました。
暑い国ではTOTOの出番はないのでは。
Commented by sukhumvit-asok at 2018-06-01 21:30
Luntaさん、
東南アジアはプシューの習慣があるから、ウオシュレットはもっと早く浸透すると思ってました。
しかしこの報道記事にも需要の好調な日本と米国向けって書いてありますね。
ところで私も初めてプシューピストルを見たときトイレを掃除するホースだと思っていました。
こういうこと誰も教えてくれませんから。
スクムビット
<< 歯が溶けるロッティ 黄昏の暁に間に合った >>