足爪切りと足パック

上海の地下鉄中山公園駅の近くにあるマッサージ屋 蝶。
左側の入り口ですが金で書かれた字が達筆すぎて蝶という漢字が読めません。
簡体中国語というおバカな漢字を習っている今の中国人は読めるんでしょうかね。
a0345791_14384063.jpeg
昨年、中国のローカルな爪切り屋で綺麗に足の爪を切ってもらってから、もう一度爪を切ってもらいたいと思ってここしばらく足の爪切りをしないで今回の中国出張に臨んだんです。
ところがマッサージ屋のメニューには爪切りということが書いてありません。やむなく普通の足マッサージをしてもらっていると、マッサージ師のお姉さんから声がかかりました。
「爪を切りましょうか?」
待ってましたとばかりyesというと、とりあえず言ってみたという感じのお姉さんの方が少し驚いて、余分に40元かかりますよ、いいですかと言います。
約800円です。やってもらいますとも。

てっきりこのお姉さんが切ってくれるのかと思っていたんです。
そうしたら後からヘッドライトを点けたおじさんがやってきました。
ほほう、この方が爪切り職人か。写真を撮ろうとすると隠れてしまいましたがマッサージのお姉さんはマッサージを続けていて2人に足をいぢられている状態です。
前回もそうでしたが、中国の爪切り職人は彫刻刀のようなナイフで爪を切ります。
初めての時は怖かったんです。だけど本当にプロの技、自分で爪切りを使って切ってもこれほどきちっと切ることはできません。

観光の一つとして一度やってもらうことをお勧めしますよ。
なおこれはタイでもやってもらえます。
a0345791_14385786.jpeg
さて爪切りも足マッサージも終わり、お姉さんが一度部屋から出て行きました。
今日のマッサージはなかなか良かったなあと思っているとお姉さんが、何か持ってきて私の足に塗り始めました。茶色い粘土のようなものです。
なんだ、なんだこれは?メニューに書いてあったんだろうか、それともこの店のオリジナルの施術か?

どうもこれは石膏のようです。
面白い!
ドロドロの石膏がだんだん発熱しながら固まってきます。
そうです骨折したときのギプスと同じなんじゃないでしょうか。
耐えられる範囲だけど熱くて足がジンジンしてきます。
ほぼ固まり終えると、お姉さんが手で壊してから足を洗ってくれました。
これは初めての経験でしたね。
a0345791_14390671.jpeg
終わってからも足がジンジンしていい気持ち。
面白いマッサージを体験できました。
私が最初に頼んだメニューは一番左上でしたが、どこでどうなったのか足マッサージと左下のフットマスクというものと爪切りのコンビネーションになったようです。
お値段は全てで200元ちょっとでした。行き違いがありましたがおかしくないお値段。
ありがとうございました。
a0345791_14391767.jpeg

この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2018-04-24 14:38 | 中国 上海 | Comments(4)
Commented by trintrin at 2018-04-25 08:25
おはようございます
アロママッサージは痛くないんですか?
足つぼとは違うのかな?

固まった足の型に蠟を流し込めば
スクムビットさまの足という
アート作品が出来上がりますね♪
200元で売ってみてはいかがでしょう
Commented by Lunta at 2018-04-26 10:53 x
中国の脚ツボ、うまい担当者に当たるとすごく気持ちいいですよね。
石膏固めは見たことありませんが、足を温めるのは良さそう。やってみたい!
しかしこれで200元、中国も高くなりましたね。
Commented by sukhumvit-asok at 2018-04-26 16:28
trin さん
結局やってもらったのはアロマではなかったようです。
何も香りがしませんでしたから。
このいい加減さに慣れないと中国ではやっていけません。
スクムビット
Commented by sukhumvit-asok at 2018-04-26 16:30
Lunta さん、200元もさることながら為替が痛いです。
ホテルの両替機では1元19円を超えていました。
4000円です。
今や日本の方が安いところがありますね。
スクムビット
<< 上海で背部の経路を調理された メイソウとユビソオはユニクロの... >>