巨乳のハゲライオン


さてバリ ウブドの石像最終回。
今日のテーマは女性の神さま。
a0345791_21030105.jpg
これ鬼子母神じゃないかと調べてみましたが、鬼子母神は明らかに仏教のもの。
ウブドのこのお寺は当然ヒンドゥー教だと思いますからカーリーという神だったらわかるのですが。
赤ちゃんを抱いているのは鬼子母神のはず。
a0345791_21031509.jpg
奥の女性の神さま、どうしちゃったんでしょうね。
a0345791_21030549.jpg
こりゃなんでしょうね。
バチが当たるのを覚悟で率直に申し上げれば、巨乳のハゲライオン。
a0345791_21025389.jpg
ハゲライオンさまでも、ふふふ丸みは美しい。
a0345791_21025611.jpg
巨乳のハゲライオンのおっぱいを接写で色々な角度から撮っている怪しい日本人。
はいそれは私です。
a0345791_21025835.jpg





この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



# by sukhumvit-asok | 2019-02-22 17:29 | インドネシア バリ | Comments(0)

石像にも添えたくなってしまうプルメリア

100枚以上も撮ったウブドのお寺の石像。
ワンパターンなのでテーマを決めて3回に分けてアップします。
今日は2回目でテーマは石像にプルメリアです。
a0345791_21015198.jpg
誰が添えたかプルメリア。
あちらこちらの石像にプルメリアが供えてあります。
このプルメリア、本物じゃ無いんです。
いくらでも本物が近くに咲いているんですけどね。
a0345791_21015355.jpg
作り物のプルメリアだから干からびることはない。
日本だったらすぐに偽物とわかってしまうけど、ここは本物がいくらでもあるから作り物だってわからないんですよ。
a0345791_21015768.jpg
プルメリアを添えたくなる気持ちはよくわかります。
それは宗教的な意味ではなくてただ花を添えると可愛らしいから。
自然な気持ちなんですよきっと。
a0345791_21021124.jpg
私もたまたま落ちていたプルメリアの花を背負っていたカバンに付けたら嬉しくなりましたから。
a0345791_21021874.jpg
ただ生花では何日も持ちませんからね。
造花のプルメリアをわざわざ持ってきて付けたんでしょうね。
a0345791_21024658.jpg
ホーホッホッホッホッホー
a0345791_21025082.jpg

この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



# by sukhumvit-asok | 2019-02-21 19:10 | インドネシア バリ | Comments(2)

苔の仏像を撮り楽しいひと時

a0345791_21003434.jpg
バリ ウブドのお寺。
ウブドの中心である王宮から西に歩いて行ったところにあるのですが、ウェブで調べてもあまりヒットしない。
a0345791_21005966.jpg
バリではまあどこにでもあるようなお寺なんでしょうね。
事前に調べもせず通りがかったから入っただけなんですが、石像が沢山あって写真を100枚以上撮りました。
a0345791_21011023.jpg
この石像が被写体としていいんです。
動かないからブレないし、表情がとっても面白い。
全部載せたいくらいですが、単調になってしまうのでテーマを作って載せることにします。
a0345791_21005339.jpg
今日のテーマは苔です。
a0345791_21012119.jpg
どの石像もしっかりしているので、もしかしたらそれ程古いものではないかもしれません。せいぜい数十年。
それなのに綺麗に苔が生えているのは、ウブドの高温多湿の気候のせいではないかと思っています。
a0345791_21010671.jpg
素人でも綺麗な写真が撮れるので、次から次へとやたらとシャッターを押し、時間の経つのを忘れるぐらいでした。
まあ何も予定がないので時間を気にする必要もなかったのですが。
無心で撮ったひと時、楽しかったです。
a0345791_21012531.jpg



この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



# by sukhumvit-asok | 2019-02-20 21:24 | インドネシア バリ | Comments(0)

特製唐揚げ弁当はガッツリ系

東京から滋賀、大阪、刈谷への一泊2日の出張です。
米原に着くのは11:40。それから乗り換えですのでお昼を食べる時間がありません。
ここは東京駅で崎陽軒のシウマイ弁当を買っていくチャンスなのですが、駅弁ブログとしてはあえて別な駅弁にチャレンジします。
a0345791_08340780.jpeg
今日は初めて食べる特製唐揚げ弁当。
ご飯とおかずが二段になっています。

唐揚げは二個三種。
ガッツリ系ですな。
食べても食べてもなくならない感じ。
殿堂入りのシウマイ弁当はおかずとご飯のバランスもいいんですよ。
シウマイ弁当はいつのまにか両方同時になくなっている。
ところがこの唐揚げ弁当、唐揚げの味付けが濃くて大きいのでご飯が先になくなっちゃうんです。
ご飯がなくなったのに残った唐揚げ1つ。
最後にパクッと唐揚げだけをいただきました。

評価
崎陽軒のシウマイ弁当100点とすると。
85点
よほどお腹が空いたときにはいいかもしれない。
a0345791_08400974.jpeg


この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



# by sukhumvit-asok | 2019-02-20 08:41 | 駅弁評価 | Comments(2)

銀座かなわの牡蠣コース

今日はちょっと特別なご馳走。
今が一番旬の牡蠣を銀座の名店かなわでいただきました。
先付けは写真を撮ることを忘れてしまいましたが、先付け三種の中の牡蠣の塩辛三年ものが最高の出来。
牡蠣の原型をとどめていない塩辛、こう書いただけで好きな人はその美味しさがわかるはず。

さて先付けをいただきやっと写真を撮る余裕が出てきました。
まずはこの季節生牡蠣でしょう。
小さいやつはレモンを絞り、大きいやつはレモンにケチャップを一垂らし。
a0345791_22310023.jpeg
次は焼き牡蠣二種。
殻は熱いので火傷に気をつけて。
左側の小さい牡蠣にはチーズが振りかけてあり絶品。
a0345791_22314361.jpeg
普通ならここでカキフライといきたいところですが、わざと定番を外して牡蠣の天ぷらを頼みました。
1つ塩でいただき、もう1つは天つゆ。
さて最後の1つは、
塩でリピートしました。
a0345791_22335128.jpeg
お次は牡蠣の土手鍋。
甘めの味噌出汁が、牡蠣のうまさを引き立てます。
a0345791_22373583.jpeg
さてシメはお待ちかねの牡蠣飯。
まあ上品でありながらきっちりと牡蠣の出汁が滲みて美味しいこと。
a0345791_22400183.jpeg
あまりにも美味しいので三杯飯といきたいところですが、今までこれで何回か失敗していますから、腹9分目で抑えておかないと。
a0345791_22431189.jpeg
すると最後の手の込んだデザートまで美味しくいただけます。
a0345791_22443436.jpeg
ごちそうさまでした。






この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



# by sukhumvit-asok | 2019-02-18 22:47 | 日本 | Comments(0)