エアポート投稿おじさん

エアポート投稿おじさんまた現る。
a0345791_08065807.jpeg
今朝はこれから上海。
ANAが満席だそうで今日はエアチャイナ。
スーパーフライヤーズのお情けでラウンジに入れてもらいます。
a0345791_08074087.jpeg
お酒の飲める人だったらお情けの感謝の度合いも大きいでしょうけど。
a0345791_08072790.jpeg
お酒を飲まない人にとってはただの飾りです。
a0345791_08075499.jpeg
行ってきます。

この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
# by sukhumvit-asok | 2018-06-21 08:13 | 空港と搭乗 | Comments(0)

図書館の猫はお尻を舐める

なんのことだかわからないタイトルですが。

ワットパクナムのお宝とエメラルド(色をした)塔を見終わりました。
外に出て他に見るものはないかと歩き回ります。
a0345791_09024267.jpg
ここもワットパクナムの一部です。
たくさんの人が集まって読経の声が聞こえます。
a0345791_09023834.jpg
写真右側の花輪がわかりますでしょうか。
昔は日本でも葬式といえば大きな花輪が外に出ていましたね。
それの携帯版のようなもの。
どうやらお葬式か法事のようです。
a0345791_09024462.jpg
これでおしまいかと思って案内の日本語パンフレットを見ると、お寺の敷地の中には図書館もあるようです。
パンフレットには図書館には猫もいるので是非寄ってくださいと。
図書館と猫とは奇妙な組み合わせですが、寄ってみましょう。

お尻を舐めている猫。
a0345791_09024827.jpg
お前、見たなー、と言っています。

ハイ、失礼しました。
a0345791_09025105.jpg
今日は大阪に日帰りの予定でしたが、会社から1週間の大阪出張禁止指示が出てキャンセル。
大丈夫でしょうけど余震の可能性があるようですから。
おかげで海外出張準備の余裕ができました。
明後日から上海、そして帰って来てからすぐにジャカルタです。





この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
# by sukhumvit-asok | 2018-06-19 17:31 | バンコク | Comments(2)

エメラルド色の天空

ワットパクナムのバンコク本店ですよ。
日本支店では日本在住のタイ人の皆さんがタンブンで毎日のようにボランティアをしていますが、本店はたいそうお金持ちのようです。
a0345791_08595440.jpg
これです、巷で大変評判がいい天井画。
緑のガラスの塔の上には緑の宇宙があります。
a0345791_09000100.jpg
この写真はWeb上でたくさん掲示されているので、自分で撮った写真の中からなるべく実際に目で見た色合いに近いものを選びました。
a0345791_09000427.jpg
周りを取り囲む仏様の写真も撮ってと。
a0345791_09000732.jpg
やはりこのお寺、王家と関係があるのでしょうかね。
中心はやはりラーマ9世、プーミポン・アドゥンヤデートภูมิพลอดุลยเดช国王です。
a0345791_09001114.jpg
前国王はキヤノンの一眼レフを愛用されていたとのことです。
a0345791_09001665.jpg
この話を聞くと申し訳なかったなと思います。

  • 日本でコメ不足になった1993年米騒動でタイ国民は、自分達の米を日本に寄贈し、タイ国内でのコメの価格がかなり高騰した。それなのに日本人がインディカ米を「まずい」と言って大量に捨てていたことがわかり、対日感情が悪化した。その時 プミポン国王は「今回は私たちが助ける番でしたが、私たちに何かあったら助けてくれるのは日本です。だから今回は許しましょう」と言われて、タイ国民の感情を抑えた。
a0345791_09011303.jpg





この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
# by sukhumvit-asok | 2018-06-18 18:09 | バンコク | Comments(2)

ワットパクナム本院に行く

バーンシラピンからタクシーでやってきたのはここ。
ワットパクナムです。
それなりに有名なようでタクシーの運転手は細い路地を走りながらも一発で到着してくれました。
a0345791_08583283.jpg
平日なこともあってか観光客はほとんどいません。
数組の観光客はみんな日本人です。
成田にあるワットパクナム日本別院が日本で有名だとはとても思えませんが。

中に入ってみるとお寺というよりも宝物殿のようです。
a0345791_08583635.jpg
誰のお宝だったのでしょうか。
あまりお寺にはふさわしくないような感じもしますが。
a0345791_08584286.jpg
この高級クラシックカーが展示してあるところを見ると、王家の関係のお寺なんでしょうか。
a0345791_08584516.jpg
一階二階のお宝ゾーンはそれほど見るべきものはないですね。
ここのお宝を2つ3つ売って、日本別院ができたのかもしれません。
a0345791_08584820.jpg
先週のイベントは長野と大久保。
大久保のネパール料理屋でネパール人の皆さんに混ざってひっそりと縮小版ヤムの会がありました。
trinさんがお土産に持ってきてくれた一本堂の食パン。
翌朝の5時に食べました。美味しい食パンは一枚の重さが重いんですね。
兼好法師が徒然草に書いています。

よき友、三つあり。一つには、物くるる友。二つには医師。三つには、知恵ある友。


trinさんはよき友だ!
a0345791_09205068.jpg

この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
# by sukhumvit-asok | 2018-06-17 18:52 | バンコク | Comments(2)

運河に架かる橋

結局バーンシラピンには入れませんでした。
もっと待っていればよかったのでしょうけど、私の目的地はたいていその途中を楽しむ手段でしかありませんからいいんです。

こんなのが面白いんですね。
バイクと人間だけが通れる橋。
急だけど人間が登り降りする階段は普通です。
でもバイクが通る道はなかなかのもの。
日本の原付バイクでは登れないかもしれませんね。
a0345791_11053842.jpg
49ccの排気量のエンジンを持つ原付バイクは日本特有のもの。エンジンの燃焼室が牛乳瓶の四分の一ですよ。昔決まった税制のせいですが、この税制があったために、燃費が良くて馬力があるホンダのカブができたのかもしれません。
見た目は原付と同じでも海外のバイクは排気量が最低100ccはあるのではないでしょうか。
a0345791_11054485.jpg
静かな路地。
狭い路地でも植木が置いて過ごしやすくしているあたり日本の下町と同じ心があります。
a0345791_11055802.jpg
念のためもう一度バーンシラピンが開いていないか確認して。
ダメでした。
a0345791_11060319.jpg
先ほどの橋の上からあたりを撮って。
次の目的地に向かいます。
a0345791_11060632.jpg
次の目的地にはここからまたタクシーで移動です。






この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
# by sukhumvit-asok | 2018-06-14 19:17 | バンコク | Comments(0)