スリランカの車窓から

スリランカ国鉄のストライキはやはり昨日で終結し、今キャンディからコロンボに列車で移動中です。
ちなみに予定所要時間は3時間半、料金は190Rs.約150円です。

ニゴンボで買ったSIMをiPhone に挿して使っていますが、iPadにブルーツゥースでテザリングできています。
このインターネット環境はタイよりもいいかもしれません。
せっかくですからブログアップしてみます。
a0345791_14491802.jpeg
しかし、ついこの間、新幹線の中からブログにアップできると感激していたのに、このスリランカの山奥でインターネットが繋がり、しかもテザリングでiPadからブログにアップできるなんてすごいものです。
IT技術の進歩の速さもさることながら、世界中が均一の速さで進んでいるということはまさに今までにない革命的な出来事ですね。
a0345791_15151409.jpeg

かたやこのスリランカ国鉄はエアコン無しで、走るスピードはキャンディからコロンボまで時速30キロぐらいです。
インターネットは速く繋がっても、列車による人モノの移動はふた時代も前のままです。
このアンバランスからこれから途上国でも今までなかったことが起こるような気がします。
a0345791_14502024.jpeg


[PR]
# by sukhumvit-asok | 2017-12-14 15:21 | Comments(2)

オンボロバスは喘いで1800mを目指す

やはり今日もスリランカ国鉄のストライキは続いているようです。
もう5日目になるのに日本では何も報道されていないようですね。
まあ、代替のバスがいくらでもあるので、こんなにストライキしてもスリランカ国内でさえ問題にならないのかもしれません。

列車でヌワラエリアに行くつもりでしたがバスで行くことにします。
a0345791_00013410.jpeg
ガイドブックによればキャンディからバスで2時間半。
これが乗りたかった列車だと4時間かかるそうですから列車がいかに効率悪い乗り物かがわかります。

地球の歩き方ではバス料金は120Rs .と書いてありましたが実際は102Rs.
80円ですよ、距離からしたらただのようなものです。
a0345791_00005294.jpeg
バスが発車すると物売りが水や食べ物を売りに乗車してきます。
このタンバリンを持った人は何を売るのかな、と思って見ていましたがタンバリンを叩いてお経のようなものを唱えながらお客さん一人ひとりに寄付を募っているようです。
お坊さんなのかものもらいなのか。
ガイジンの私のところにはやってきませんでした。
a0345791_23595042.jpeg
キャンディ市内が朝のラッシュアワーで渋滞していたので実際は3時間以上かかったでしょう。
延々と上り坂。不思議なことに途中少しの下りもないんです。
3時間延々と登って行くんですよ。
目的地のヌワラエリアは標高1868mもあるんですって。
どうりで涼しいはずです。
今日のヌワラエリア訪問のメインの目的はヌワラエリアではなくて途中のお茶畑なんです。いい写真が撮れましたがそれは帰国してから。
さすがに道のりが長いので一回だけ休憩がありました。
a0345791_00002789.jpeg
穏やかでギスギスしていないスリランカ。
つい座席に荷物を置いたまま車外に出てきました。
インドでしたらこんなこと絶対しませんよ。
インド人、私のバックを平然と持っていき、私が私の物だといえば、
「これは先程から私のものである。もし汝のものであれば百字以内で証明せよ」
なんていうに決まってますからめんどくさい。

だけど外から監視はしています。
何があっても自己責任ですからね。
a0345791_00001068.jpeg
帰りはエアコンが効いているインターシティバス。
と言ってもタイのミニバスみたいなものですが。
料金は300Rs.
高地ではエアコン無しでもいいですが、料金が高い分途中で乗り降りする回数が少なくて、最初からこちらにすればよかった。

キャンディに帰ってきて念のためもう一度鉄道駅に行ってきました。
なんと朝は閉まっていた駅が開いているではありませんか。
どうもストが解除したようです。
明日は効率悪い列車でコロンボに行けるかもしれない!

今日のスリランカ人。
行きのバスの運転手さんです。
a0345791_00010879.jpeg





[PR]
# by sukhumvit-asok | 2017-12-14 00:32 | Comments(0)

絶賛!キャンディのレッドチリーズツーリストイン

今、キャンディのゲストハウスです。
来る前日にアゴダでキャンディで評判のいいゲストハウスを探して適当に予約したのですが、これが大当たり。
部屋は広くて清潔で、食事も美味しい。
詳しいことはまた帰国してから詳細を書きたいのですが、気に入って2泊の予定を3泊にお願いしました。

一昨日までのニゴンボのゲストハウスでも不思議に思ったのですが、ベッドは広くていいのですが、ここでも上に掛ける布団や毛布がないんです。
上に掛けるシーツだけ。
普通の家ではエアコンをつけて寝なくて上掛けの習慣が無いのでしょうか?
エアコンをかけるとちょっと寒いのでバスタオルをかけて寝ました。
a0345791_00170525.jpeg
綺麗なのもうなずけます。昨年の八月に新築したばかりなんですって。
隣も増築していて近い将来は部屋数も増やすそうです。

唯一の欠点はダウンタウンから遠いこと。
山の斜面の高いところにあり六甲の高級住宅街の中のようなところで瀟洒な家が立ち並んでいるのですが、街中からここまでは歩いてこれません。
既に何回か経験しましたが、街中からtuktuk(タイと同じ名前です)で300〜400スリランカルピー(240〜320円)ぐらいかかります。
a0345791_00161850.jpeg
このゲストハウス、レッドチリーズ ツーリストインという名前なんです。
そのまま日本語訳すれば赤唐辛子旅舎。
今朝オーナーと話しましたが、オーナーはレッドチリーズというレストランを経営していて、家を建てたけど部屋が多すぎてゲストハウスにしたんだそうです。
昨日も今日も客は私一人、従業員が2人いてこまごまと私の世話を焼いてくれます。
これが朝食で内容はニゴンボのゲストハウスと同じようなものですが、見た感じは高級ホテルの朝食と変わりがありません。
a0345791_00164971.jpeg
更にオーナーが親切で、今日の午前はオーナーのプリウスで近郊のお寺まで連れて行ってもらいました。
途中立ち寄ったそのレストランです。手前の車がプリウス。
a0345791_00404461.jpeg
昨日も今日も、特別に夕食もお願いしました。

ちなみにこのゲストハウス、アゴダデ頼んで一泊4000円程です。
夕食は果たしていくらでしょうか、値段を聞かないで頼みましたがもし夕食が2000円ぐらいだとしても文句を言うつもりは全くありません。
それほどの満足でしたよ。

さて今日のスリランカ人。
もちろん赤唐辛子旅舎のオーナーです。
a0345791_00160125.jpeg
帰ったらアゴダに高評価のコメントを入れることにしましょう。







[PR]
# by sukhumvit-asok | 2017-12-13 00:54 | Comments(2)

スリランカ国鉄のストライキは今日なお継続中

やはり今日も鉄道はストライキ継続中でした。
宿のご主人は私に残念そうにそう言うと、どうしますか?と聞いて来ます。
昨晩、キャンディのホテルを予約してしまいましたのでもう行かないわけにはいきません。
バスだったらどう行けばいいですかと聞くと、空港の近くのバスターミナルからも行けるとのこと。ご主人に送ってもらうことにしました。

バスターミナルに着くともうバスは待っています。
a0345791_23455878.jpeg
こういう時も現地の方に聞いてもらえるとありがたい。
切符はどこで買うのか聞くと、これもご主人がバスの中で買えばいいと教えてくれました。
a0345791_23462841.jpeg
外からみるとそれなりに綺麗に見えたんですが、中はやはりボロボロ。
エアコンがないのはしょうがないんです。
バスの中が南アジア系香水の匂いで充満しているのも我慢しましょう。
普通のバスの大きさなのにシートが2列3列なのも座れたのでまあよしとしましょう。
我慢できなかったのは、最初から降りるまでの4時間、スリランカ歌謡曲のビデオが大音量で流しっぱなし。
途中お客さんを乗せたり降ろしたりのローカルバスの4時間は疲れました。
↓これはまだ出発したばかりで空席もあった良い状態の時です。
a0345791_23452320.jpeg
↓途中お客さんが乗ったり降りたりしてのピーク状態。
a0345791_00522211.jpeg
タイのバスや運河ボートも同じですが車掌さん、間違いなく途中で乗って来た人を見分けて料金を回収に来ます。
見事な技です。
a0345791_23430378.jpeg
今日のスリランカ人、もちろんこの車掌さん。
馬鹿でかいスーツケースを持ってきてしまったので、私の荷物だけ後ろのトランクに乗せてもらいました。
これから4時間後にキャンディに着いた時もしっかり覚えてくれて出してくれました。
a0345791_23470510.jpeg










[PR]
# by sukhumvit-asok | 2017-12-12 00:11 | Comments(4)

ニゴンボで親切なゲストハウスに泊まる

今ニゴンボのゲストハウスにいます。
昨日寝たのは夜中の2時頃。
日本時間の5時半ですからいつもだったらもう起きている時間。
それでも朝6時半に目が覚めて海辺に散歩に行ってきました。
帰ると奥さんが朝食の準備をしてくれました。
どうも昨日泊まったのは私だけのようです。

立派なホテルの豪華な朝食ブッフェも好きだけどいつも食べるのは大抵同じもの。
この朝食で十分です。
コーヒーか紅茶、どちら、と聞かれたのでつい習慣でコーヒーと言ってしまいましたがここは紅茶の国。
改めて紅茶をお願いしました。
a0345791_23443927.jpeg
明日はキャンディに行くことにしました。
バスの方が速いらしいけどあえて列車で行きます。
ご主人にそのことを話して駅までのタクシーを予約してもらいました。

ところが夜になりご主人が、鉄道がもう3日もストライキ中で明日もわからないと教えてくれました。
明日の朝もう一度状況を確認してくれるとのことです。
こういう情報は現地の人でないとわかりません。
知らなくて行ったら路頭に迷うところでした。
さてどうなるでしょうか。

ヒョウちゃんを真似して、こちらにいる間は続けたいと思います。
今日のスリランカ人。
a0345791_23450984.jpeg




[PR]
# by sukhumvit-asok | 2017-12-11 00:15 | Comments(2)