<   2017年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

日タイ修好130周年

a0345791_09024921.jpg
さて目的の特別展はコレ

日タイ修好130周年記念 特別展「タイ〜仏の国の輝き〜」


でもね、今日は特別展開催中の中でもさらに特別イベントがあって、博物館の前の中庭で16時からイベントがあるんです。
おお、準備してくれていますね。
特別展を先に見に行きましょう。
a0345791_09031654.jpg
特別展に入ってみると、
なんと!撮影禁止。
タイに行けば撮影禁止なんてケチなこと言わないでしょうに。
タイ王国からお借りしてきた貴重な文化財ですから、日本としては責任を持ってお返ししなくてはいけない。そんなところでしょうか。残念。

唯一写真撮影できるのはこの複雑な彫刻が施された門だけでした。
a0345791_09034353.jpg
特別展、タイの仏教文化の歴史や周辺国との関係などがわかりやすく展示されていて、良かったです。
私は音声ガイドも借りて、説明を聞きながらゆっくりみることができました。
昔、チェンライの鈴木様に見せていただいた、ランナータイ時代?の竹に彫られたお経も展示してありましたよ。
さて4時を回りました。本日の最終イベントです。
a0345791_09040784.jpg
待ち合わせたtrintrinさんとチャイヨー!
ところがこれが最終イベントにならず、この後湯島のタイ料理屋で再びチャイヨー。







[PR]
by sukhumvit-asok | 2017-07-30 06:55 | Comments(4)

平日の暑いさなか、トーハク

ウェークデイである昨日金曜日、国立東京博物館に行ってきました。
地図を見ると、どうも上野駅からよりも鶯谷駅からの方が近そう。
暑い日差しの中を汗をかきながら鶯谷から歩いて行きました。
a0345791_08224147.jpg
特別展が目当てだったんですが、特別展を見るためには一般入場券プラス特別展入場料が必要です。それが1600円。
せっかくですから少し特別展以外の一般展示も拝見しましょう。
これが期待以上に良かったんです。
屏風の展示。
これは本物ではなくて、映像技術を駆使したもののようですが、幻想的な暗い中に立つ屏風のスクリーンに想像を掻き立てられる松林の墨絵が浮き上がっています。
屏風の前は広い畳敷きになっていて、見学者は靴を脱いで畳に寝転びながらこの松林の世界に入り込むことができるのです。
写真では片鱗しかお伝えできないのですが。
a0345791_08232820.jpg
屏風だけかと思っていたら、屏風の上もスクリーンになっていて雄大な水墨画の世界がさらに広がり、鳥が飛びかうのです。
a0345791_08261542.jpg
これは重要文化財、阿弥陀如来坐像。
京都丹波町に伝わる平安時代の仏像です。
こんなお宝がゴロゴロと展示してあります。
モノによっては写真撮影禁止のものもありますが、これは撮影可能でした。
a0345791_08240395.jpg
この像は鎌倉時代の阿弥陀如来坐像
運慶の作品ではありませんが、その技法から鎌倉時代初頭に東国で活躍した運慶周辺の仏師によるものと考えられているそうです。
静岡県裾野市の願生寺のものなんだそうで。
私の故郷の近くにもこんな立派なものがあったなんて知りませんでした。
a0345791_08243017.jpg
とにかく広いし、展示物は多いしゆっくり見ていたら1日でも見切れませんね。
能面から、笑って元気出せ!と言われた気がしました。
a0345791_08245096.jpg
今日の写真はすべてコンデジ、カシオEXILIMによる撮影でした。










[PR]
by sukhumvit-asok | 2017-07-29 08:55 | Comments(2)

お金のかからない場所ほど人が来ないのは

海の日の三連休は暑くて暑くて。
外に出る気もおきませんでしたが、最終日はマクロレンズと大量のタオルを持って思いきって外出しました。
地図を眺めていて、水のあるところなら少しは涼しいかと高滝湖畔公園というところに行ってきました。
a0345791_20253486.jpg
行ってみるとほとんどマクロレンズの出番のない人造湖。
しかも全然涼しくない。
なんだろう?この湖の中に立っているオブジェは。
a0345791_20263920.jpg
カワセミみたいですね。

暑くて見どこもないところですがそのせいか三連休なのに人もいません。
人が少ないのはいいです。
駐車場も無料でガラガラですし。

これはまた不思議なオブジェ。
トンボのようですが何かバランスが悪い。
作者のココロの何かを表現しているゲージツなんでしょうけど。
a0345791_20261197.jpg
これなんかオブジェと本物の鳥が混ざってしまってカオス状態。
作者はこのカオスを狙ったんでしょうか?
いやー、まさか鳥の止まり木になることは予想していなかったと思いますが。
a0345791_20264938.jpg
この構造物は市原湖畔美術館に隣接する、本物の揚水水車なんだそうです。
美術館の前衛芸術みたいなものを見て、頭が混乱したので登ってみましたが、水車は動いていないのでただの展望台と化しています。
a0345791_20270104.jpg
珍しいものも驚くものもないので文句のようなことばかり書きましたが、それなりに整備されているのに観光客は少なく快適でした。
当然のことながら100mmマクロは、望遠には短く、景色を撮るような広角にはできず役に立ちませんでした。よって今日の写真の数枚はトリミングしてあります。

公営の大きな公園はそれなりに整備されているのにもかかわらず、人を惹きつけるものが少ないので、お客さんが少ない気がします。
私は高いお金出して行列作ってくたびれるよりずっと好きなのですが、多くの人は観光地に行って本当はお金を使いたいという欲求があるのではないでしょうか。

入場料500円取って、大きな板に血をつけてオオイタチ、なんていうバカバカしい見世物小屋でも立てれば駐車場もいっぱいになると思うけどなあ。








[PR]
by sukhumvit-asok | 2017-07-18 21:34 | Comments(2)

ラムネを飲んで思うこと

おそらくタイ以上に蒸し暑いここのところの日本。
こういう時にはバンコクに避暑に行きたいところですが、そうもいかず。
日本でラムネを飲んで涼みましょう。
a0345791_20563899.jpg
とここまでは普通の人の書くこと。
へそ曲がりの私がラムネを飲んで必ず思うことは、中学生の時の科学クラブで作ったラムネのこと。

ラムネの瓶はビー玉が栓になっていて、あのビー玉を押し下げて飲みますよね。
空いた瓶さえあれば簡単にまた作れるんです。
水に重炭酸水素ナトリウムと砂糖をよく溶かし、それを空いたラムネの瓶に入れるんです。
そのままでは瓶をひっくり返せば中身が漏れるだけでしょ。
そこにクエン酸をひとつまみ入れるんです。
あとは瓶をひっくり返して、冷やしておくだけ。
a0345791_20565243.jpg
重炭酸水素ナトリウムっていうのは重曹のことです。
これとクエン酸が反応して、二酸化炭素、すなわち炭酸ができます。
この炭酸ガスの発生により瓶の中の圧力が増え、ビー玉が上に押し上げられたままになるんです。
小学校高学年くらいから中学生ぐらいまでの子どもの自由研究にいかがでしょうか。
重曹とクエン酸の量を加減して、適切な配合を決めるなんて具合にね。

ラムネを見ると必ずこのことが思い浮かんでしまい、暑苦しく毎日を過ごしています。

[PR]
by sukhumvit-asok | 2017-07-17 21:15 | Comments(6)

夏休み

麦わら帽子は もう消えた
たんぼの蛙は もう消えた
それでも待ってる 夏休み

a0345791_21534950.jpg

姉さん先生 もういない
a0345791_21532708.jpg
きれいな先生 もういない
それでも待ってる 夏休み

a0345791_21590167.jpg

絵日記つけてた 夏休み
a0345791_21591413.jpg
花火を買ってた 夏休み
指おり待ってた 夏休み

a0345791_22034109.jpg

畑のとんぼは どこ行った
a0345791_21540137.jpg
あの時逃がして あげたのに
ひとりで待ってた 夏休み

a0345791_21533963.jpg
西瓜を食べてた 夏休み
水まきしたっけ 夏休み

a0345791_21585026.jpg

ひまわり 夕立 せみの声



作詞:吉田拓郎
作曲:吉田拓郎
















[PR]
by sukhumvit-asok | 2017-07-12 09:40 | Comments(6)

花の終わりも

事前にマクロ撮影の記事を探して読んで行ったんです。
花を撮るのだったらファインダーを覗く前にまず自分がいいと思う綺麗な花を探しなさいって。
綺麗な花を探して庭を行ったり来たり。

花びらが落ちていき枯れていく薔薇。
これだって被写体にいいんじゃないかな。
a0345791_18595252.jpg
こういう枯れかけてきた花も表情と風情がありますね。
a0345791_18595137.jpg
花が枯れると一言で言っても、枯れるのにも段階があります。
これなんか華々しい生花の盛りを過ぎても執念のような造形だとは思いませんか。
a0345791_18595153.jpg
綺麗な単純な花の色ではないけど、生きた証が染みついているよう。
a0345791_18594960.jpg
花の真ん中は人の顔のようにも見えます。

美しいピンクの色にだんだんと茶色いシミが入ってくる。
生物は生きて死ぬだけ。
蕾の時も一番きれいに咲いている時もその途上、盛りを過ぎてシミだらけになってもその途上。
どの段階だって生きて死ぬだけですから悲しいことではありません。
a0345791_18595270.jpg
つらつらと一人でマクロレンズで花を見ていてそんなことを思っていました。
a0345791_18595032.jpg
今日1日だけでも結構レンズのモトが取れたかもしれない。



[PR]
by sukhumvit-asok | 2017-07-05 21:40 | Comments(0)

キヤノン EF100mm F2.8 マクロ IS USM

前回、もったいぶって何か写真が違いませんかと申し上げましたが、実はこれ新しく手に入れたレンズなんです。
いわゆるマクロレンズ。
昔から一回使ってみたかったんです。

絞りの開け具合でもボケ方が違うんですが、これは1番前のシベにピントを合わせたところ。
a0345791_18464367.jpg
こちらは少し後ろにピントを合わせました。
ファインダーをのぞいて手動でフォーカスしていると、この写真以上に花の表情が変わるんです。
a0345791_18464373.jpg
甘いとご指摘があるかもしれませんがシベにピントが合いました。
a0345791_18464658.jpg
小さな花もマクロレンズで拡大してとると表情が変わります。
虫眼鏡で見ているようなものですから、老眼の目でも細かなものが見えてよみがえります。
この花、恐竜パオーンだ。
子供の目はこうして小さいものを観察しやすいんですね。
a0345791_18464394.jpg

だいたい予想はしていましたが、実際使ってマクロレンズの効果がよくわかりました。
a0345791_18464463.jpg
これで花ではないものを写す機会があればいいんだけど。
a0345791_18340133.jpg


[PR]
by sukhumvit-asok | 2017-07-03 06:45 | Comments(4)

もうしばらく花で繋ぎます💐

本当は人を撮りたいんですよ。
遊んでいる子供の笑顔、威勢のいい屋台のおばさんの笑顔、市場のイカツイおじさんの笑顔。
でも、日本ではなかなか勝手に撮るわけにはいかなくなってしまいました。
ですから撮れるのは花。

久しぶりに千葉の花の美術館に行って来ました。
正確に言えば入場料を払っていないので花の美術館の庭ですが。
a0345791_18323751.jpg
まずは季節がらアジサイ。
a0345791_18324242.jpg
全体を撮った後は、近づいて拡大写真を撮ってみます。
a0345791_18325781.jpg
スマホ全盛の時代、しかもスマホのカメラの性能がどんどん上がってきている中で、重たい一眼レフを使うなんていうのは時代に逆行していますかね。
これぐらいの写真でしたらiPhoneで十分撮れるのかもしれません。
a0345791_18325878.jpg
それに写真を撮った後の修正がこれまた簡単にできてしまいます。
これらの写真は、すべて撮って出しトリミング無しの無修正ですが、子供達の様子を見ているとスマホで撮った写真を、そのスマホで片手でヒョイヒョイと修正しちゃいますからね。
すごいものです。
a0345791_18332584.jpg
バラももう季節は終わりですが、出遅れの薔薇がいくつか咲いていました。
a0345791_18340133.jpg
2週間前の紫陽花写真と比べてどうでしょうか?
a0345791_18332898.jpg
何か違いがありませんかね?
a0345791_18333154.jpg
私の写真の腕ではわかってもらえそうもないんですが、今日の写真は今までと違う部分があるんですよ。
a0345791_18325737.jpg


[PR]
by sukhumvit-asok | 2017-07-01 19:34 | Comments(4)