カテゴリ:未分類( 36 )

世紀の大発見が・・・一刀両断

左上の白いものなんだと思います?
花をじーと見ていたら気がついたんです、枯れた花びらじゃなくて。
指でつついてみたら動いた!
もしかしたら世紀の大発見かも!
a0345791_21345760.jpg
WIKIより
アヅチグモ(安土蜘蛛、Thomisus labefactus)は クモの一種、カニグモ科アヅチグモ属に属し、
日本国内の同科の中では比較的大きい。 斑紋には変異があるが全体に真っ白なのが目を引く。
また、とんがり眼鏡をかけたような眼域は特徴的である。
時に珍しがられるが、野外の植物の上に住み、それほど珍しいわけではない。

[PR]
by sukhumvit-asok | 2017-08-18 21:34 | Comments(0)

アンスリウムを触ってみると

昔、母が華道を習っているときに初めて見たアンスリウム。
どうみたって安物のプラスチックの造花のようです。
a0345791_21231408.jpg
触って確かめてみると、少ししっとりとしていて水気がある。
確かに生き物です。
これがアンスリウムとの最初の出会いでしたね。
a0345791_21252361.jpg
この真ん中の太いのはめしべなんでしょうか。
おしべが見当たらないんだけど。
a0345791_21252879.jpg
疑問に思ったことは自分で調べてみましょう。
赤い葉のようなところは仏炎苞(ブツエンホウ)、めしべだと思ったところが花そのもので、肉穂花序(ニクスイカジョ)というんだそうです。
南米出身の花なのに何か仏教のような名称がついていますね。
a0345791_21253822.jpg
ちなみに花言葉は
恋に悶える心
激しい名前が付いていますね。
アンスリウムをプレゼントにいただいたら注意しましょう。







[PR]
by sukhumvit-asok | 2017-08-17 21:21 | Comments(0)

ネコノヒゲ

なるほど、確かにネコノヒゲ
白猫ですね。
a0345791_21321905.jpg

ネコノヒゲは薬草茶に用いられ、クミスクチン茶という名前でよく売られています。

ネコノヒゲはデトックス効果があり、体内の毒素を排出し、むくみの改善などの効果があるそうです。

抗酸化作用や抗アレルギー作用があるポリフェノールの一種のロズマリン酸も豊富に含まれています。
ロズマリン酸には、中性脂肪の原因とされる余分な糖分や脂肪分が腸に吸収されるのを抑える働きがあるといわれています。

利尿作用が高いカリウムもたっぷり含まれていることから、ヨーロッパでは古くから利尿剤として利用されているそうです。



[PR]
by sukhumvit-asok | 2017-08-16 21:31 | Comments(0)

フラミンゴを想わせるサーモンピンク

フラミンゴ  アオイ科コーラル系
おしべが花弁に変化した2段咲きの花です。
まるでフラミンゴが羽ばたいているよう。

a0345791_21205274.jpg

[PR]
by sukhumvit-asok | 2017-08-15 21:17 | Comments(0)

お花畑は真夏の恋の季節

暑い毎日
花の中のカメムシも熱い抱擁
a0345791_21122809.jpg
真夏の恋の季節
a0345791_21114274.jpg
のぞきに来ている痴漢に注意
a0345791_21115708.jpg
調べてみると、コイツはブチヒゲカメムシという種類でした。

黄褐色~赤褐色で、背面中央部に白紋を持つカメムシ。体側には縞模様がある。
マメ科、キク科の植物に付く。ダイズ、ワタ、ゴマなどの害虫。イネの穂も食害する。


[PR]
by sukhumvit-asok | 2017-08-14 09:10 | Comments(0)

幸運が訪れるサガリバナ

今日からしばらくフラワーミュージアムでマクロレンズで撮った花の写真が続きます。

サガリバナ、聞いたことがない花ですね。
たった一晩だけ咲き、翌朝には散ってしまう幻の花。
a0345791_18491740.jpg
日本では奄美大島や西表島をはじめ、南西諸島に自生するそうです。
自生地では散った花が川面に浮かび、その様子はとても神秘的で美しい光景とのこと。
a0345791_18490871.jpg
ブドウの房のように見えるのがつぼみで、これが咲いて下の水面に落ちるようです。
a0345791_18492944.jpg
花言葉は「幸運が訪れる」
あやかりたいものです。



[PR]
by sukhumvit-asok | 2017-08-13 18:57 | Comments(2)

カタツムリにはご注意 昭和の森

三連休中日の土曜日、朝から雨が降るあいにくの天気でしたが予報では9時から曇りのち晴れ。
千葉市昭和の森公園に行ってきました。
駐車場に到着したのは10時頃でしたが、広大な駐車場に車は一台だけ。
アレ、今日は公園の休園日なんだろうか、と思うほど人がいません。
a0345791_20400743.jpg
朝から雨だったので人がいなかっただけなのか、公園には普通に入れます。
昭和の森は、市の中心部から東南に約18km、緑区土気地区に位置する面積105.8ha、南北2.3km、東西0.8kmの市内最大、県内でも有数の規模を誇る千葉市の総合公園です。(千葉市のwebより)
a0345791_20402240.jpg
この公園、駐車場も入場料も無料、公園の中には自動販売機さえ見当たらない。
それなのに、人が少ないんです。
アスレチックのところだけはチビッコがいましたが。
今日も朝から高速道路は大渋滞だったようです。
以前にも書きましたが、休みで出かけようとすると多くの人たちはお金を使う施設にこぞって行きたがる気がします。
こんな近くにこれだけ立派な無料の施設があるのに。
不思議なものです。
おかげで広大な敷地の中をゆっくり探索することができました。
a0345791_20403285.jpg
専用のサイクリングロードがあって自転車の貸し出しもあるんです。
ただこのサイクリングコース、自転車に乗るときにはカタツムリの出現に注意してください。
a0345791_21454549.jpg










[PR]
by sukhumvit-asok | 2017-08-12 21:15 | Comments(0)

水遊びは忘れない

夏休みの1日、水遊びした思い出
a0345791_18441592.jpg
親になって子供を水辺に連れてくるのは、きっと自分の子供の時に水遊びしたことを覚えているからでしょう。
a0345791_18454762.jpg
子供達はみなウキウキして楽しそう。
君たちが大人になった時も、その気持ちが心の中に残っているはずだよ。
中学生から高校生ぐらいまで一次的に勉強や部活が忙しくて忘れてしまうかもしれないけど。
a0345791_18460606.jpg
a0345791_18443074.jpg
でも大丈夫、大人になった時に必ず思い出すから。
a0345791_18444736.jpg
ああ、それといとこの子供たちとじいちゃんばあちゃんの家の庭でやった花火もそうだねえ。


一応顔が特定できないようにしたつもりですが、もし削除の要請を頂いた時にはそのようにいたします。


[PR]
by sukhumvit-asok | 2017-08-09 18:43 | Comments(5)

ひっそりと咲くシモツケだけど

なんの変哲も無い植物。
ピンクの花がちらほらとありますが目立ちませんね。
シモツケという花なのだそうです。
その名は下野の国 栃木県が由来だそうで。
栃木県といえば出身の栃木県の自虐的ギャクで笑わせるU字工事さんを思い出します。
a0345791_18020625.jpg
目立たない下野の国のシモツケだけど、マクロレンズで大きくしてみれば、ほら。
a0345791_18021526.jpg
超ミニチュアのアジサイの花のようです。
目立たないけど美しいんです。

[PR]
by sukhumvit-asok | 2017-08-08 04:32 | Comments(0)

北アメリカと東南アジアの紫

ファリナセア 別名ブルーサルビア シソ科 北アメリカ原産
ブルーサルビアかあ、名前がかっこいい。
a0345791_18013086.jpg
こちらはコリウス 和名 金蘭紫蘇 シソ科 東南アジア原産
なるほど、生まれた場所は遥か離れていても、同じシソ科。
まさにその花は紫蘇の実のでき方とそっくりです。
違いは葉の色、コリウスは葉が鮮やかな赤色の斑紋なんです。
a0345791_18014166.jpg
私は子供の頃に船で海水浴に行く途中、紫蘇のおにぎりを食べた時にひどく船酔いしたトラウマがあり、今でも紫蘇も紫蘇の実もダメなんです。
この園芸植物もあの香りがするんだろうか?



[PR]
by sukhumvit-asok | 2017-08-06 18:01 | Comments(0)