チャオプラヤー川がタイの原点

私がタイに初めてきたのは2000年の1月でした。
その頃ミレニアム問題で飛行機が危ないとか言われていましたが、もう1月1日も過ぎたので大丈夫だろうと思っていたことを思い出します。

仕事でしたが、どういうわけかペニンスラーホテルに泊まり、途中そこからロイヤルオーキッドシェラトンに移動して泊まったのです。
初めてのバンコクがここでしたから、今思えば私のタイの印象は通常のタイではなく特別な環境のタイでした。
そのときに移動で使ったペニンスラーホテルの高級渡し船は今でも活躍しています。
もうなかなか使わせてもらう機会はありませんが。
あのときチャオプラヤー川の涼しい風にあたりながら、将来のことを考えたことが今でも忘れられません。
a0345791_10380615.jpeg
ただその時の環境があまりにも別世界であることには気がついていて、次は自分自身でリアルなタイを見たいと思っていました。

(バンコクもクリスマスシーズンになっていますが、スリランカといい、タイといいこの暑さの中赤いサンタクロースの服には違和感を感じますね)
a0345791_10375045.jpeg
それから今回のような途中寄り道も含めて何十回バンコクを歩いたでしょうか。
私の旅はその場所の観光地などを回って通り過ぎることではなく、自分がその場所に慣れて、ある程度そこの文化や風習に同化できることに楽しさを感じることなんです。観光名所にはもちろん行きますが、それは私のとって歩き回るための1つの手段に過ぎません。

海外のその場所が自分にとって非日常ではなくて、ある程度理解して馴染んでいる。
だけど住んでいるわけではないので実際は知らないことは尽きない。
今でもその尽きることがない異文化の世界を知るプロセスに楽しさを感じているんですね。
私が海外であえて床屋に行ったりするのもこのためなんです。
(なんて変わった楽しみ方だろうと思われるでしょうけど)
ですから究極はその場所に住むことでしょうけど、少し知っているからこそ、その中で住むことが大変なことも理解しています。
a0345791_10381809.jpeg
海外で生活するときの楽しさを満喫し、苦労も旅人としてちょっと感じる。
だけど苦労は所詮それは旅先にいるときだけのことで、帰国したらなくなってしまう。
そんな卑怯な体験をするためにきているようなものです。
a0345791_10383854.jpeg
昨日は思いついて夕焼けの暁の寺院?の写真を撮りに行きました。
たくさんシャッターを押し何枚も写真があるので、帰ってから「今日の暁の寺院」というシリーズで写真を使い切りたいです。

ということですでにバンコクに移動したので、今日のスリランカ人は一旦昨日で終了です。



[PR]
# by sukhumvit-asok | 2017-12-18 11:18 | Comments(0)

プロンポンに恐竜がいます

コロンボから早朝、予定通りバンコクに到着しました。
a0345791_17030355.jpeg
今回の宿はオンヌット近くのサービスアパートメント、1500バーツです。
機内で2時間ほどしか寝ていませんが宿に着くとやはりチェックインは昼からしか出来ないとのこと。
仕方なく荷物を預けてBTSの一日券を買って、プロンポンからアソークまでスクムビット通りを歩きました。
この辺りは来る度に様相が変わって来ますね。スクムビット通りに面して日本風の居酒屋ができています。
a0345791_17035110.jpeg
あれえ、プロンポン近くに大観覧車と恐竜が見えますよ。
a0345791_17153527.jpeg
調べてみると、期間限定のテーマパークのようなもののようです。
開演が今年の3月、ということはあと3ヶ月で取り壊してまた新しいビルを建てるんですね。経済力がありますね。
a0345791_17354289.jpeg
開場は10時かららしいし、子供向けでしょうからアソークでマッサージを2時間受け、一番亭でラーメンと野菜炒めを食べて宿に戻りチェックインしました。

さあこれからバンコク市内で30時間あまり、どうして過ごそうか。


[PR]
# by sukhumvit-asok | 2017-12-17 17:47 | Comments(0)

ありがとうスリランカ

今日はスリランカ最終日。

今いる場所はウェラワットビーチというところで、コロンボと宿泊しているマウントラビニアの中間のところ。
朝バスで国立博物館に行ってからまたバスで戻り途中下車しました。
ビーチ沿いのレストランで頼んだスリランカのLionビールで1人で乾杯です。
a0345791_18323846.jpeg
地図で見てここにくればタイのビーチと同じように寝転びながらビールが飲めて、イカ焼き屋がやってくると思いましたが、レストランが営業権を独占しているようです。

スリランカの印象は総じて良かったです。
遠いけどまた来たいと思いました。
だいたい英語が通じるのでコミュニケーションができるのが最高です。
タイもいいのですが言葉が通じるとひとり旅の楽しさが格段に違います。
a0345791_18341695.jpeg
ただ私が一眼レフを胸にぶら下げてスリランカの象のTシャツを着ていると、なぜか私が宝石好きに見えるらしくて、たくさんの人に声をかけられました。
「私は日本に行ったことがある」
「スリランカはスパイスが有名だ、ちょっとスパイス屋に一緒に行かないか」
「宝石 ジュエルに興味はないか?」
「この近くに私の知っている安い宝石屋もある」
もうあまりにもワンパターンなので笑ってしまうほどです。
tuktukの運転手は誰でも声をかけて来て観光に誘うし、ちょっとすぐそこでも最低300ルピーだし。

私の格好がそれほど騙してくださいと言っているように見えるのでしょうかね。
まあこのこの国のホスピタリティーだと思って感謝してすべて良しとしましょう。

ビール飲んで眠くなってきました。
だけど寝てはいけません。
荷物を預けてきた宿に18時までには戻って、荷物を持って19時に頼んだタクシーで空港に向かわなければいけないんです。
今晩のフライトは午前1時頃発のバンコク行き。
明け方バンコクに着いたらバンコクに36時間ほど滞在です。

今日のスリランカ人。
今回一番良かったキャンディのレッドチリーズ ツーリストインのご主人と奥さん。
a0345791_18325440.jpeg
ご主人滞在中に何回か私に言いました。

お金は大事だけど私が一番大事にしているのは人と人のつながりです。
だからツーリストインでたくさん儲からなくてもいいんです。

彼のレストランも繁盛しているようですけど、こういう信条だとこれからのビジネスもきっとうまくいくに違いありません。

それにひきかえ2000ルピーの運転手は一生同じようなことをして運転手を続けることでしょう。




[PR]
# by sukhumvit-asok | 2017-12-16 19:15 | Comments(2)

コロンボの市場にて

いま、コロンボシティホテルの屋上レストランにいます。
ビルの合間の向こうに見えるのが海。
クリスマスツリーが似合わない街ですね。
a0345791_18421766.jpeg
今朝起きてゲストハウスから海まで行ってきましたが、どうも泊まっているのはいわゆるコロンボではなくて、コロンボから南に12km離れたマウント ラヴィニアという場所のようです。
a0345791_18423365.jpeg
そこから午前中に列車に乗ってコロンボの中心街にやってきました。
運賃15Rs. 昨日のことは忘れましょう。

コロンボフォート駅を背にして右側は大規模な市場です。
この市場を歩いていると、人々はインド顔なのに私をじろじろ見ないし、たまに目が合うとハローと会釈してくれます。
ノリのいい人だと写真を撮ってくれ、という人さえいました。ただその後でタバコ一本くれと付け加えられることもありますが。
ということで、今回のテーマである笑顔の写真は結構収穫できました。

英語表記のチキンのフライドヌードルというものを頼みましたが、スリランカのちょっと高級なレストランは出てくるのが総じて遅いです。
屋上ですがわたしの天敵である蚊に4箇所も刺されてしまいましたよ。
でも大丈夫。いつでもこれを持ち歩いていますから。
a0345791_19015508.jpeg
やってきました。
焼き素麺みたいなもの。
ここでも味は穏やかで、最初は味が薄いと思いましたが食べてる間にこれでちょうどいいと思えるようになりました。
お値段はミルクティーも入れて1000はしないでしょう。
a0345791_18580628.jpeg
さて今日のスリランカ人。
市場を歩いていると呼び止めて自分の写真を撮ってくれとせがんできた兄さん。
さすがにいい顔しています。
a0345791_18420241.jpeg
写真を撮った後も自分の店のものを買えなんて一言も言いません。
撮った写真を見せるとサンキューと言われました。

今チェックしました。
870ルピーでした。
1000出したらお釣りが120。
アレ?
どうも10ルピー硬貨は省略してしまうようです。



[PR]
# by sukhumvit-asok | 2017-12-15 19:16 | Comments(0)

いいことばかりは続かない

キャンディが良かったし、国鉄のストライキも終わって4時間近くの列車の旅でしたがハッピーです。
しかしいいことばかりは続きませんね。

コロンボフォート駅に着くとタクシーの運転手がわらわらと近づいてきます。
a0345791_23223897.jpeg
あえて駅から少し離れたところでtuktukを拾い、宿の住所を見せると、とにかく乗れと言います。
走り出すと近くにいる別な運転手に場所を尋ねている様子です。
また走り出して今度は信号待ちしている運転手に聞く。
わかったようなので少し安心していると、今度は路地に入ってエンジンを切ってしまいました。

今度はそこにいる別な運転手が私に地図を見せろと言います。
iPad を取られ不安に思っていると、その運転手がここは遠い。
2000出せば俺が行ってやると言い出しました。

どうしようかと思いましたが、もう今いるところがどこかわかりませんので仕方ありません。
乗り換えると、元の運転手に金を払えと言います。
バカバカしいですが100出すと、足りない!と。
ムカーとしましたが、まあしょうがない、渋々200払いました。

この2000で行くといった運転手、別な運転手を呼んできてこれが俺のオヤジだ。
と言います。
オヤジが出てくるのは何か怪しいな!
オヤジ「アンタ日本人だろう。中国人じゃないな」
私「そうだよ日本人だ。なぜわかるの?」
オヤジ「中国人は背が高くてスラッとしてる」
この馬鹿オヤジ、言いたいこと言いやがって。
証拠に記念写真撮ってやりました。

走り出したので私がキョロキョロしていると、コロンボの中心街を案内してやろう、それから宿泊先に行けばいいじゃないかと言います。
まあ、2000も払うんだし、急ぐものではないし、じゃあそうしてくれと言うと案内し始めました。

いや待てよ、念のため言っておこう。
「I don’t pay any additional charges for the city tour」

そう言うと、3000でどうだ?と聞いてきます。
バカ言うんじゃないよ、きっと2000でも相場より相当高いはずです。
しかしグチグチ言っているので、怒って大きな声で、すぐに宿に行け!と怒鳴ると諦めたようです。

確かに宿の場所は駅からかなり離れたあたりでした。
しかしこの運転手、わかっていると言ったのに、近づいても全然わかってない。
私が番地を見て、右だの左だの後ろだの、何回も指示してやっと到着しました。

何?このゲストハウス。
新築と書いてあったのに、古い建物。
アゴダの評点では満点の10点だったんですよ。
今確認すると、評価者は1人だけ。
やられました。自作自演だったか。
a0345791_23234543.jpeg
2泊で45USDで確かに安いことは安い。
部屋に入ると、広めですが水も置いてありません。これはしょうがないか。

エアコンを入れようとするとリモコンホルダーにリモコンが入っていない。
もしかして?とエアコンのリモコンが無いというと、
「エアコン ベツリョウキンネ」と言います。
もう、面倒くさい。
いくら?と聞くと一泊10USDと言うので2泊分の20USD払いましたよ。
a0345791_23232052.jpeg
気を取り直して、ここも海が近いようなので、カメラを持って海岸まで行こうとしました。
すると雨がポツポツ降ってきましたが、傘を持ってきていたのでいいだろうと歩いて行きました。
しかし海に近づくと建物が海岸に入るのを邪魔して海に行けません。

その内に雷雨になりとても歩ける状態ではなくなりました。もう靴は水に浸かってグチャグチャです。

大雨なのに喉はカラカラ、小さいコンビニがあったので水を買い一息つくと、店員が話しかけてきます。
駅からのタクシーの話をすると駅からここまで500ぐらいだと言います。
あの運転手四倍もふっかけていたんだな。クヤシー。

更に私はある日本人と友達だ。と言ってその人が書いた日本語のコメントを探してきて見せてきました。
文章を読むと確かにJAICA の方のようです。
「この友達サファイヤ買ったよ。あなたはサファイア見ないか?」

もう!今日はコロンボ着いてからろくなことがありません。

もっと細々とした不幸もいくつかあったのですが、それでなくても長文になってしまったのでやめておきましょう。

今日のスリランカ人は、ボッタクリドライバーとそのオヤジです。
a0345791_23475698.jpeg
さて改めて、今日の騙された金額。
最初の運転手200Rs
ボッタクリ運転手2000-500=1500
騙されたと言っていいかどうかわからないけどエアコン 20USD
サファイヤは買わなかったから0
以上合計日本円にして約4000円

ブログ一回分のネタ代と思うことにしよう。







[PR]
# by sukhumvit-asok | 2017-12-15 00:33 | Comments(2)