スリランカの車窓から

スリランカ国鉄のストライキはやはり昨日で終結し、今キャンディからコロンボに列車で移動中です。
ちなみに予定所要時間は3時間半、料金は190Rs.約150円です。

ニゴンボで買ったSIMをiPhone に挿して使っていますが、iPadにブルーツゥースでテザリングできています。
このインターネット環境はタイよりもいいかもしれません。
せっかくですからブログアップしてみます。
a0345791_14491802.jpeg
しかし、ついこの間、新幹線の中からブログにアップできると感激していたのに、このスリランカの山奥でインターネットが繋がり、しかもテザリングでiPadからブログにアップできるなんてすごいものです。
IT技術の進歩の速さもさることながら、世界中が均一の速さで進んでいるということはまさに今までにない革命的な出来事ですね。
a0345791_15151409.jpeg

かたやこのスリランカ国鉄はエアコン無しで、走るスピードはキャンディからコロンボまで時速30キロぐらいです。
インターネットは速く繋がっても、列車による人モノの移動はふた時代も前のままです。
このアンバランスからこれから途上国でも今までなかったことが起こるような気がします。
a0345791_14502024.jpeg


この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック



[PR]
by sukhumvit-asok | 2017-12-14 15:21 | スリランカ キャンディ | Comments(2)
Commented by ヒョウちゃん at 2017-12-14 21:49 x
とても整備されている鉄道に見えます。
枕木はPC枕木という現在の日本の鉄道で使われているものと同じですね。
とすると、列車自体のスピードが出ないのかな。
一路一帯の某国が援助すればこうなるんでしょうか。
新車両が導入されれば早くなりますね。
インドもスピードが上がったらしいですよ。
Commented by sukhumvit-asok at 2017-12-15 00:42
ヒョウちゃん
確かに山間部は単線で標識には時速35kとか40kと出ていましたが、コロンボに近づくと複線になり速度は60km程度は出ていたようです。
5日間もストライキすると線路も錆びるでしょうけど、ディーゼルだと関係ないんでしょうかね。
スクムビット
<< いいことばかりは続かない オンボロバスは喘いで1800m... >>