オンボロバスは喘いで1800mを目指す

やはり今日もスリランカ国鉄のストライキは続いているようです。
もう5日目になるのに日本では何も報道されていないようですね。
まあ、代替のバスがいくらでもあるので、こんなにストライキしてもスリランカ国内でさえ問題にならないのかもしれません。

列車でヌワラエリアに行くつもりでしたがバスで行くことにします。
a0345791_00013410.jpeg
ガイドブックによればキャンディからバスで2時間半。
これが乗りたかった列車だと4時間かかるそうですから列車がいかに効率悪い乗り物かがわかります。

地球の歩き方ではバス料金は120Rs .と書いてありましたが実際は102Rs.
80円ですよ、距離からしたらただのようなものです。
a0345791_00005294.jpeg
バスが発車すると物売りが水や食べ物を売りに乗車してきます。
このタンバリンを持った人は何を売るのかな、と思って見ていましたがタンバリンを叩いてお経のようなものを唱えながらお客さん一人ひとりに寄付を募っているようです。
お坊さんなのかものもらいなのか。
ガイジンの私のところにはやってきませんでした。
a0345791_23595042.jpeg
キャンディ市内が朝のラッシュアワーで渋滞していたので実際は3時間以上かかったでしょう。
延々と上り坂。不思議なことに途中少しの下りもないんです。
3時間延々と登って行くんですよ。
目的地のヌワラエリアは標高1868mもあるんですって。
どうりで涼しいはずです。
今日のヌワラエリア訪問のメインの目的はヌワラエリアではなくて途中のお茶畑なんです。いい写真が撮れましたがそれは帰国してから。
さすがに道のりが長いので一回だけ休憩がありました。
a0345791_00002789.jpeg
穏やかでギスギスしていないスリランカ。
つい座席に荷物を置いたまま車外に出てきました。
インドでしたらこんなこと絶対しませんよ。
インド人、私のバックを平然と持っていき、私が私の物だといえば、
「これは先程から私のものである。もし汝のものであれば百字以内で証明せよ」
なんていうに決まってますからめんどくさい。

だけど外から監視はしています。
何があっても自己責任ですからね。
a0345791_00001068.jpeg
帰りはエアコンが効いているインターシティバス。
と言ってもタイのミニバスみたいなものですが。
料金は300Rs.
高地ではエアコン無しでもいいですが、料金が高い分途中で乗り降りする回数が少なくて、最初からこちらにすればよかった。

キャンディに帰ってきて念のためもう一度鉄道駅に行ってきました。
なんと朝は閉まっていた駅が開いているではありませんか。
どうもストが解除したようです。
明日は効率悪い列車でコロンボに行けるかもしれない!

今日のスリランカ人。
行きのバスの運転手さんです。
a0345791_00010879.jpeg


この記事を他の方にご紹介いただけるならここをクリック





[PR]
by sukhumvit-asok | 2017-12-14 00:32 | スリランカ ヌワラ・エリア | Comments(0)
<< スリランカの車窓から 絶賛!キャンディのレッドチリー... >>