絶賛!キャンディのレッドチリーズツーリストイン

今、キャンディのゲストハウスです。
来る前日にアゴダでキャンディで評判のいいゲストハウスを探して適当に予約したのですが、これが大当たり。
部屋は広くて清潔で、食事も美味しい。
詳しいことはまた帰国してから詳細を書きたいのですが、気に入って2泊の予定を3泊にお願いしました。

一昨日までのニゴンボのゲストハウスでも不思議に思ったのですが、ベッドは広くていいのですが、ここでも上に掛ける布団や毛布がないんです。
上に掛けるシーツだけ。
普通の家ではエアコンをつけて寝なくて上掛けの習慣が無いのでしょうか?
エアコンをかけるとちょっと寒いのでバスタオルをかけて寝ました。
a0345791_00170525.jpeg
綺麗なのもうなずけます。昨年の八月に新築したばかりなんですって。
隣も増築していて近い将来は部屋数も増やすそうです。

唯一の欠点はダウンタウンから遠いこと。
山の斜面の高いところにあり六甲の高級住宅街の中のようなところで瀟洒な家が立ち並んでいるのですが、街中からここまでは歩いてこれません。
既に何回か経験しましたが、街中からtuktuk(タイと同じ名前です)で300〜400スリランカルピー(240〜320円)ぐらいかかります。
a0345791_00161850.jpeg
このゲストハウス、レッドチリーズ ツーリストインという名前なんです。
そのまま日本語訳すれば赤唐辛子旅舎。
今朝オーナーと話しましたが、オーナーはレッドチリーズというレストランを経営していて、家を建てたけど部屋が多すぎてゲストハウスにしたんだそうです。
昨日も今日も客は私一人、従業員が2人いてこまごまと私の世話を焼いてくれます。
これが朝食で内容はニゴンボのゲストハウスと同じようなものですが、見た感じは高級ホテルの朝食と変わりがありません。
a0345791_00164971.jpeg
更にオーナーが親切で、今日の午前はオーナーのプリウスで近郊のお寺まで連れて行ってもらいました。
途中立ち寄ったそのレストランです。手前の車がプリウス。
a0345791_00404461.jpeg
昨日も今日も、特別に夕食もお願いしました。

ちなみにこのゲストハウス、アゴダデ頼んで一泊4000円程です。
夕食は果たしていくらでしょうか、値段を聞かないで頼みましたがもし夕食が2000円ぐらいだとしても文句を言うつもりは全くありません。
それほどの満足でしたよ。

さて今日のスリランカ人。
もちろん赤唐辛子旅舎のオーナーです。
a0345791_00160125.jpeg
帰ったらアゴダに高評価のコメントを入れることにしましょう。







[PR]
by sukhumvit-asok | 2017-12-13 00:54 | スリランカ キャンディ | Comments(2)
Commented by Lunta at 2017-12-13 08:40 x
お宿、クローゼットの中に毛布はありませんでしたか?
インドでもなぜか上掛けをわざわざクローゼットに入れているところが多くて、マナリなど寒いので焦ったことがあります。
スリランカの人は親切な方が多いですよね。
見た目はそっくりですが、隣の国とは雰囲気が違いますよね。
Commented by sukhumvit-asok at 2017-12-13 23:57
Lunta さん、
ありがとうございます。
今探して見ましたがありませんでした。
頼めばいいのかもしれませんが、なんとかなっているのでそのままにします。
ところでLunta さんのスリランカ評価は全くその通りですね。
料理は美味しい、人は優しい。
これは決してたまたまそういうところにいるのではなく本質的に穏やかな国なのでしょう。
スクムビット
<< オンボロバスは喘いで1800m... スリランカ国鉄のストライキは今... >>