アヤメかショウブかカキツバタ

梅雨の風物、先週はアジサイでしたので、次はアヤメかショウブかカキツバタ
また千葉の奥の佐原のあやめ祭りにやってきました。
アヤメとショウブとカキツバタの違いは明確にあるそうですので、興味ある方は調べてくださいね。
a0345791_17501554.jpg
花が集中していないぶん、アジサイよりも撮るのが難しい気がします。
こういう時は、主題じゃない部分を入れて。
a0345791_17504209.jpg
アヤメ音頭のお姉さんたちが出てきましたよ。
a0345791_17494364.jpg
背景の太鼓橋は見事なアーチを描いています。
a0345791_17503199.jpg
潮来花嫁さん、船に乗ってくるところを撮りたかったんですが間に合いませんでした。
綺麗なお嫁さんです。
a0345791_17500243.jpg
潮来の町をあげての大イベント。
町の皆さんが総出でお祭りを盛り上げようとしている雰囲気を感じましたよ。
a0345791_17505398.jpg





[PR]
# by sukhumvit-asok | 2017-06-18 18:31 | Comments(5)

梅雨の晴れ間はアジサイ撮影

梅雨の晴れ間の日曜日、
紫陽花を撮りに成田宗吾霊堂の紫陽花祭りに行ってきました。
短い参道ですが、ちゃんとしたおみやげ屋さんが何軒かあります。
いいですね、この名前。君待家さん。
a0345791_18575395.jpg
紫陽花の株は確かにたくさんあるのですが、紫陽花祭りの割には山ほどの紫陽花に囲まれるというわけではありません。
お客さんも列をなすほどのことはなくて、見学も撮影もしやすい。
だけどこれくらいが奥ゆかしくていい感じです。
a0345791_18594299.jpg
来る前にアジサイ撮影の秘訣を読んできましたよ。
静物ですから、動きがある昆虫がいるといい。
a0345791_20510673.jpg
a0345791_20555316.jpg
額紫陽花です。
a0345791_18584921.jpg
これもきっと紫陽花の一種ですよね。
新種かもしれない。
とりあえず、私が命名しておきましょう。
シロナガスクジラアジサイ
a0345791_18581105.jpg



[PR]
# by sukhumvit-asok | 2017-06-11 19:23 | 日本 | Comments(0)

預けた荷物の車輪が一個無くなっていた

最近の中国出張は少し長めなので、スーツケースを転がしていきます。
空港で預けた荷物がコンベヤーから出てくると、少しホッとしますよね。
この時も、割と早めに出てきた私の荷物をコンベヤーから取り、さあこれで家に帰れると思ってスーツケースを転がし始めると、
ん、ん、何かバランス悪いぞ。
ひっくり返して底の車輪を見てみるとなんと車輪が一個無いではありませんか。
外れたのではなくて見事に車輪の部分が根元から無くなっています。
笑ってしまいましたが、こりゃ困った。
どうしよう?
もしコンベヤーに取れた車輪があったとしても、つけることはできないし。
そうそう、こういうのは運んだ航空会社が補償してくれるはずです。
カウンターに行って話したら補償してくれるとのこと、そこで書類を書きながらよく考えてみると、元々安物でしたからもしこれの残存価値を考えると数千円もしないはず。
補償してもらって手続きをするより捨てて新しいものを買ったほうがよさそうです。
(黄色と赤の線は、私が目印に貼ったテープ、カッコ悪いけど簡単に見分けがついて間違われることもありません)
a0345791_07524672.jpg
ということで、家までこの壊れたスーツケースを引いていき、荷物を出して捨てました。やはり捨てるのには粗大ゴミの処理費が必要で300円ほどかかりました。

[PR]
# by sukhumvit-asok | 2017-05-28 08:11 | Comments(2)

広州、カンペイで夜はふける

広州で開催された展示会、四日間フルに参加して帰ってきました。

スタッフが若くて女性が多い。
誰も物怖じしないんです。お客様がいらっしゃるとガンガン話す。
日本の展示会は、会社のイメージ広告みたいなところがあって、初めてのお客様でしたらそれでは後日訪問しますなんてのんびりしたことやってますがここは違う。
値段を話しその場で契約が成立するんですよ。
最終日に驚いたのはアフリカから来られた、女性が封筒を出してきて中を見ると米国ドルで300ドル。
それをスタッフに渡し、スタッフは自分のノートに領収の内容を書いてそのページを破いて手渡すんです。
聞いて見ると有償でサンプルを送ってくれという依頼だったそうで。

このスピード感。
日本人はなかなかついていけません。
a0345791_07143602.jpg
もちろん中国人の来客が多いのですが、世界中の国からお客さんが来ます。
私もロシア人と長いこと話をしました。
ロシア人に限りませんが奴らビジネスの話の最中は、怒ったような顔をして真剣そうに話をします。ですから私もついへりくだって愛想笑いをしそうになるのをぐっとこらえて話しましたよ。ここは日露戦争だと思って。

仕事の後は円卓で飲み会。



a0345791_07145967.jpg

[PR]
# by sukhumvit-asok | 2017-05-22 09:54 | Comments(0)

中国で中国人と同化する

a0345791_13555562.jpg
大雨の中のタイフェスも皆様のご尽力のおかげで雨を凌ぎ、trinさんには経営指南のご指導をいただき意義ある会議となりました。
kimcafeさんの壮行会の日程も決まったところで、いざ羽田から広州に出発です。
羽田の国際線ターミナル、日によるのかもしれませんが今日はガラガラです。
しかし羽田発広州行きCZ386便は満席だそうですよ。
実は明日から広州で中国の化学業界の大イベントがあるんです。私の渡航目的もそのため。
といっても私はゲストじゃなくてホスト側なんです。

日本人ゲストの皆さんのように高級ホテルじゃなくて中国人スタッフと雑魚部屋(だと思う)なんです。
でもね、今までの私の個人旅行は現地の人々と同化することが嬉しくてやってきたこと。
ですから仕事でこんなことができるなんていうのは最高のことなんです。
例え同室の中国人のいびきがうるさくても、おならが臭くても、たった4日間のことですから。

[PR]
# by sukhumvit-asok | 2017-05-15 14:09 | Comments(4)